(2021年8月11日アニマルウェルフェアの観点から平飼い卵の普及促進を目指すザ・ヒューメインリーグジャパンは、総合給食大手の株式会社ニッコクトラスト(本社:東京都中央区、TEL 03-6861-4451(代)http://www.nikkokutrust.com/)が提供する、内閣府食堂での卵の使用が、昨日8月10日より100%ケージフリーになったことを確認いたしました。卵の使用が100%ケージフリーエッグになるのは、日本の政府機関の食堂として初めてです。模範例として今後、他の行政機関にもケージフリーエッグの使用が広まることが期待されます。

ニッコクトラストは部分的とはいえ、ケージフリー鶏卵の調達コードを出す初めての日系フードコントラクト企業になります。国内ではこれに先駆けて、外資系フードコントラクト大手のコンパスグループジャパン株式会社(旧社名 西洋フードコンパスグループ株式会社)が、2025年までにケージフリー鶏卵100%調達の公約を出しています。また、食品卸大手のメトロキャッシュアンドキャリージャパン株式会社も、2027年までに殻付き卵については100%ケージフリーを達成する公約をだしており(液卵は2030年まで)、今後、外食産業での採卵鶏のケージフリー化が進んでいくことが予測されます。

ニッコクトラスト営業支援事業部 営業管理部 部長の塚平高裕氏は、ザ・ヒューメインリーグジャパンインタビューに、「当社では、ベジタリアン食やビーガン食の販売が年間10万を突破し(2020年4月~2021年3月期)、全社を挙げて時代に即した商品開発を進めています。SDG’Sの観点からも、今後もこの家畜擁護やケージフリーの潮流が進むと考えられ、未来を見据える企業として当然の選択という考えのもと、積極的に取り組んでいます。」と述べ、内閣府食堂でのケージフリーエッグ100%調達の方針を明らかにしました。

内閣府食堂のケージフリーエッグの採用で、約280羽の鶏がケージから解放されることになります。延べ日数にすると67500羽余が1年に1日、ケージから解放されて羽を広げることができる計算になります。内閣府食堂のケージフリーエッグの供給元と飼育方法については、下記参考資料をご覧ください。

日本では現在、50社以上が採卵鶏のケージフリー宣言を出していますが(ザ・ヒューメインリーグジャパン調べ)、日本では採卵鶏のケージフリー問題への対応にまだまだ課題があります。ザ・ヒューメインリーグジャパンは、これからもケージフリー卵がサプライチェーンに増えるように、企業と話し合いを続け、協働をしていきます。


【ザ・ヒューメインリーグジャパン

ザ·ヒューメイン·リーグ·ジャパン2017年4月1日発足以来、日本、アジア、そして世界に影響力をもつ大手食品製造企業、ホスピタリティ企業、外食企業、フードコントラクト企業などを対象に、一羽でも多くめん鶏をケージから解放するために「平飼い卵調達」をご検討いただく活動を続けています。ザ・ヒューメインリーグジャパンの活動は皆さまからのご支援があり続いております。ザ・ヒューメインリーグジャパンfacebookをフォローし、引き続きご支援をお願いいたします。また下記のウェブサイトでも活動の内容をご確認いただけます。

公式サイト : https://thehumaneleague.jp
Facebook   : https://www.facebook.com/humaneleaguejapan
Instagram     : https://www.instagram.com/humaneleaguejapan
担当 藤田:070-8361-8621 mfujita@thehumaneleague.org
   上原:080ー4722-2005 muehara@thehumaneleague.org

****************************************
<参考資料>
有限会社丸一養鶏場について
丸一養鶏場写真

所在地:埼玉県大里郡寄居町大字赤浜2832番地
電話:048-582-1135
ウェブサイト:http://maru1.com/
代表者:代表取締役 一柳憲隆

2015年に創業から100年、2020年には会社設立50周年を迎える。

『自らつくり、自ら育て、自らお届けする』をモットーに、初生雛から健康に育てる『自家育雛育成』、厳選した飼料原料を仕入れて製造する『自家配合飼料』、農場に直結したパッキング工場で製品をつくる『GPセンター』を持つ。
科学的根拠を用いた衛生管理手法『農場HACCP認証』と『GPセンターHACCP認証』、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる『JGAP家畜・畜産物認証』を国内で初めて全て取得した採卵養鶏場です。


アニマルウェルフェア、ケージフリー
アニマルウェルフェアに基づき、にわとりの健康を通じて人の健康に貢献します。
休息時に止まり木で休む休息エリア、新鮮な水と資料が与えられる給仕給水エリア、落ち着いた自然な状態で産卵する産卵エリア砂浴び行動ができる床下運動エリアなど、広い空間を自由気ままに動き回り、「鶏本来の行動欲求」をすべて満たせる「にわとりにやさしい」農場です。また、鶏の健康上、日光を浴びることは重要であると考え、一部ウィンターガーデン(屋外運動エリア)を設置し、エイビアリーでありながら、放牧とほぼかわらない家畜福祉を実現します。

配信元企業:The Humane League

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ