リバプールイングランド代表DFジョーゴメスが、チームでのポジション争いを歓迎した。クラブ公式サイトが伝えている。

チームの主軸としてチャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ優勝に貢献してきたゴメスだが、昨シーズン11月インターナショナルマッチウィーク中に負傷。手術を行い、シーズン中に復帰することはなかった。

現在はケガも癒えチームに復帰しているゴメスだが、ポジション争いは激しいものとなっている。同じく昨シーズン重傷を負ったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクカメルーン代表DFジョエル・マティプが復帰しているだけでなく、チームは今夏にRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得。さらには昨シーズン評価を高めたDFナサニエル・フィリップスやDFリースウィリアムズも虎視眈々と出場機会を狙っており、ゴメスの立場も安泰ではない。

しかし、クラブ公式サイトのインタビューに応じたゴメスはこうした状況を歓迎。リバプールビッグクラブである以上、競争は必要だと語った。

「こうしたポジション争いは、このクラブに相応しいことだと思う。それに、僕たちが成長するためにも必要だ。競争は良いことであり、健全でもあるね。僕らはお互いに学ぶことができるよ。それぞれ特徴は異なっていて、皆が最高のクオリティを持っている」

「もちろん、リースやナット(ナサニエル・フィリップス)、ベン(・デイビス)、皆がトッププレーヤーだ。今シーズンはいいものになるだろうね。今はお互いに学び合い、日々お互いをプッシュし続けることが大切なんだ」

「イブー(イブラヒマ・コナテ)はトップ選手さ。彼は素晴らしいし、僕たちのプレースタイルにもすぐ適応した。激しいプレーをすることもあるけど、彼は成功するための属性をすべて備えていると思う」

また、ゴメスインタビューの中で長いリハビリから復帰できた喜びについても言及。プレシーズンマッチで復帰した際、スタジアムのファンから温かな歓迎を受けたことについても感謝を述べている。

「(復帰まで)本当に長い道のりだったけど、だからこそプレシーズンマッチプレーできて本当に感謝している。今日だけでなく、皆と一緒にチームに戻って、またトレーニングができたことについても感謝しているよ」

「元からそうではあったけど、観客の前でプレーすることがどれほど幸せであるか、さらに理解できたよ。本当に特別な雰囲気の中でプレーができた」

「こうしたサポートや、特別な雰囲気を醸し出すこうしたスタジアムがあることは、とても幸運だね。僕やヴィルヒルにとっては記念すべき瞬間であり、本当に楽しい時間を過ごすことができた」

8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像