キャリアを捧げてきたバルセロナを退団し、PSGへ移籍したリオネル・メッシ

マンチェスター・シティなどの噂もあったが、新天地にはパリを選んだ。

ただ、スペインジャーナリストのイグナシオ・ミゲレス氏によれば、アトレティコ・マドリーが獲得に乗り出していたとか。

同胞であるディエゴ・シメオネ監督が個人的に電話をかけるなど説得にあたったそう。メッシも家族も選択肢として真剣に検討したものの、実現しなかったとのこと。

【動画】えぐい…メッシ、アトレティコをズタズタにした鬼ゴール

アトレティコにはメッシの親友であるルイス・スアレスアルゼンチン人選手たちがいる。ただ、感情的にスペイン国内の移籍はありえなかったはずに思えるが…。

メッシ、アトレティコ移籍を検討してた?シメオネ監督が直接説得