2021年8月09日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-歯のホワイトニング製品の世界市場は、2020-2027年の予測期間中に健全なCAGRで成長すると予想される
歯のホワイトニング製品の世界市場は、2020-2027年の予測期間中に健全なCAGRで成長することが見込まれる


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1210

市場の概要:


歯のホワイトニング剤は、歯科医院で歯科医師が使用したり、歯科医師が家庭用に渡したり、市販で購入したりします。歯のホワイトニング材には、主に過酸化物を含む漂白剤とホワイトニング用歯磨き粉の2種類があります。漂白剤には過酸化物が含まれており、歯の深部や表面の汚れを除去する効果があります。一方、非漂白剤とは、物理的または化学的に作用する化合物で、表面の汚れのみを除去するものです。市販の歯磨きアイテムの需要が高まっていることや、美意識やモチベーションを高めるための白い歯の重要性への理解が高まっていることなどが、市場を牽引する主な要因です。また、歯科医師会による歯のホワイトニング製品の推奨や承認が、消費者の歯のホワイトニング製品の使用を促しています。歯科医が販売する歯のホワイトニング機器や、市販の家庭用歯のホワイトニング漂白アイテムは、米国歯科医師会の承認を受けることができます。現在、消費者は、歯科医院だけでなく、小売店でも、塗るタイプの生地、ジェル、漂白ラベルなどを含む数多くのホワイトニング商品を入手することができます。このような商品は、有効成分の量や種類、処方、形状によって異なります。口腔内の健康に対する知識の高まりと、市販の歯のホワイトニング剤が簡単に入手できることが、歯のホワイトニング業界の成長要因の一つです。加えて、ライフスタイルの変化や可処分所得の増加により、従来の口腔ケア用品から新しいものへの移行が進んでいることも、この市場を後押ししています。さらに、歯の変色の原因となるお茶、コーラアルコール飲料、タバコなどの消費量の増加が、歯のホワイトニング製品市場の成長の機会を広げると考えられます。

歯のホワイトニング製品の世界市場の地域分析は、アジア太平洋、北米、欧州、ラテンアメリカ、その他の地域といった主要な地域について検討しています。アメリカは、審美歯科への傾向が強まっていることから、歯のホワイトニング市場を支配すると予想されています。米国疾病予防管理センター(CDC)の報告によると、2016年に米国では2~17歳の子供の84.6%が歯科医院の予約をしていました。老人人口の増加に伴い、ビールアルコールタバコファストフードカフェインの摂取などに続く不衛生な食生活パターンが、米国における業界の成長に影響を与える可能性があります。

本レポートに掲載されている主なマーケットプレイヤーは以下の通りです:
本調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象となる各地域・国における業界の質的・量的側面を取り込むように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては、以下の通りです。

タイプ別:
製品別: 詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。


アプリケーション別:
  • 専門家による使用
  • 一般消費者向け

地域別:
レポートの範囲を確認するためのリクエストhttps://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1210

私たちに関しては:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

配信元企業:Report Ocean

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ