彼氏の普段は見えない意外な一面を見て、惚れ直す、ということ、ありますよね。

普通じゃない!? 男性たちがビックリした彼女家族の“当たり前” #6「彼女の部屋にいたら…」

それとは逆に、意外な一面を見て幻滅してしまった…という経験をしたことがある女性、少なくないのではないでしょうか。

今回は、実際に女性たちに聞いた話をもとに、普段は見えない彼氏の意外な一面に幻滅してしまった、エピソードを実録形式で紹介します。

実家に行ったら…

「今お付き合いしている彼氏のことで悩んでいます。

年齢も年齢なので、最初から結婚前提、ということでお付き合いを始めました。

彼は大学生からずっと一人暮らしをしていて、家事もバッチリ。

仕事はフリーランスでやっていて、いつも決断力があって頼りがいのある男性、という印象でした。

実家は神奈川なので、割と頻繁に帰っているようで、それも家族思いでいいなと、とにかくベタ惚れだったんですが…。

先日、彼氏の実家に一緒に遊びに行くことに。

ご挨拶ではなくて、気軽な感じで良いよ、と言われたのですが、私は緊張してしまって…。

でも頼りになる彼が一緒だから、と安心はしていたんです。

しかし、実家に着くなり彼の意外な一面が見えてしまい…。

まず、お母さんのことを『ママ』呼び。

口調も私と話す時よりも少し甘えた印象で、違和感を覚えました。

お母さんが『気を使わないで、座っていてね』と言ってくれたので、お言葉に甘えて座っていると彼が『座ってないでママの手伝いしろよ』と。

極め付けに、『エプロンも持ってこなかったの?ママに失礼だろ』の一言。

たしかにエプロンは用意していくべきだったかもしれませんが、『気軽な感じで、一緒にお茶して話すだけだから』と言われていたので…。

あまりにもマザコンの印象が強すぎて、もしも将来結婚して、私とお母さんの間に何かあったら、彼は確実にお母さんの味方をするだろうな、と不安になってしまって…このままお付き合いをしていていいのか、本気で悩んでいます」(32歳/Webデザイナー

男性は誰しもマザコンだ、とよく耳にしますが、こちらのエピソードの彼氏のように露骨な雰囲気は少し警戒してしまいますよね…。

将来結婚して、もしも義母と争うことがあれば、自分の味方をして欲しい、と思う気持ちは女性であれば当然のこと。

お母さんのことだけでなく、自分のことも大切にしてくれるかどうかが、重要な見極めポイントなのではないでしょうか。