劇団昴は、アイルランドの劇作家コナー・マクフィアソンの戯曲『The Weir─堰─』を、2021年9月10日(金)~26日(日)、東京・板橋区大山のPit 昴にて上演する(演出:小笠原響)。

『The Weir─堰─』は1997年ロンドンで初演、1999年オリビエ賞最優秀プレイ賞を受賞するなど高い評価を受け。2000年まで英米でロングランを続けた。過去、日本において本作は、三軒茶屋・シアタートラム ドラマリーディング(1999年/訳・小宮山智津子/演出・山元清多)や文学座アトリエの会(2000年上演/訳・鴇澤真由子/演出・鵜山仁)等、何度か上演されてきた。劇団昴は当初、昨年2020年6月に本作を上演する予定だったが、コロナ禍による延期を経て、このほどようやく上演のはこびとなった。昴にとっては、2021年初の劇団公演となる。

アイルランドの片田舎にある小さな Bar。夜な夜なその止まり木にとまる男たち。ある日ダブリンからこの町に越して来た女がやってくる。小さなBarに風が吹き、暖炉がぼんやりと夜のとばりを照らす頃、男たちは時の記憶を手繰り寄せ、埋もれた日々を語り始める。4人の男、そしてひとりの女と妖精たち。今夜も人々の物語が紡がれていく……。

話好きなアイルランド人の気質を色濃く映しながら、彼らの心に堰き止められてきた思いが語り合われ、優しさと温もりが生まれる、そんな1時間30分の珠玉の名作だ。

演出の小笠原響は、翻訳劇を含め近年数々の作品を手掛け評価を得ている。出演は、劇団の今後を担う俳優5人、永井誠・平林弘太朗・岩田翼・髙草量平・あんどうさくら。板橋の小さな空間でじっくりと劇の妙味を味わいたい。

写真左上・永井誠、右上・岩田翼/中左・髙草量平、中右・あんどうさくら/下左・平林弘太朗

写真左上・永井誠、右上・岩田翼/中左・髙草量平、中右・あんどうさくら/下左・平林弘太朗

 
【演出家プロフィール 小笠原響/おがさわら きょう:俳優座、文学座、木冬社、木山事務所などで演出の研鑽を積む。サイスタジオ、Pカンパニーを中心に演出活動をはじめ、現在に至る。日本演出家協会会員。2018 年第25回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。劇団昴では『セイザーとドラーナ』(2019)と演出。他に『血と骨』【2019/トム・プロジェクト】、『拝啓、衆議院議長様』(2019/2020)『白い花 を隠す』(2018)【以上 P カンパニー】、『屠殺人ブッチャー』(2017/名取事務所)、『ダンシング・アット・ルナーサ』(2020/劇団俳小)などがある。