オーストラリア女子代表FWのサム・カー(27)がアメリカ女子代表MFクリスティミューイス(30)と交際していることを明かした。

カーオーストラリア女子代表の主将を務め、東京オリンピックに参加。ここまで代表通算99試合に出場し48ゴールマーク。歴代最多得点の記録を保持している。

一方のミューイスは、妹のサム・ミューイスとともにアメリカ女子代表として東京オリンピックにも出場。2014年には3カ月の短期契約ではあったが、なでしこリーグの伊賀FCくノ一三重でプレーした経験もある。

2人は東京オリンピックの3位決定戦で対戦。試合はカーがゴールを挙げたものの、4-3でアメリカが勝利していた。試合後には2人がピッチに寝そべりながらハグを交わす場面もあった。

カーは9日、自身のインスタグラムを更新。ミューイスとキスしている写真とともにハート絵文字を投稿すると、ミューイスもハート絵文字で応じ、自身のインスタグラムストーリーでカーとの2ショットを公開。関係を公にした。

FOX Sports』によると、2人はの交際は東京オリンピックの前から始まっていたとのことだ。



8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像