エンゼルス大谷翔平投手(27)は10日(日本時間11日)に行われたブルージェイズ戦のダブルヘッダー第1試合に「2番・DH」で出場。現在、2本差で本塁打王争いを繰り広げるゲレーロJr.との直接対決は無死一塁で迎えた第1打席を二ゴロ失策、3回一死無走者で迎えた第2打席を見逃し三振、5回無走者で迎えた第3打席を右飛とした。

・今すぐ読みたい→
大谷メジャー自己最多の6勝目! 指揮官も認めた「修正能力」の高さとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-high-correction-ability/



 第4打席は申告敬遠で出塁。その後、盗塁を決めると、ゴスリーの適時打で6点目のホームを踏むなど、第1試合は3打数無安打ながら、足でチームの勝利に貢献。対して、ゲレーロJr.は第1試合は4打数ノーヒットに終わった。

 本塁打王を争うゲレーロJr.を擁するブルージェイズとの4連戦初戦。前カードドジャース3連戦は指名打者制のない交流戦だったため、3試合連続代打で出場。4戦ぶりにスタメンに名を連ねた。

 大谷は前日まで106試合に出場し、打率・269、メジャートップの37本塁打、同3位タイの82打点。本塁打メジャートップを走るが、7月28日ロッキーズ戦を最後に本塁打はなし。特に8月に入ってからは試合前までの打率が20打数2安打の1割と不振に悩まされている。

 一方で残りシーズンも少なくなってきた今、MVP争いに注目が集まっている。主役を張るのは、現在、本塁打王を走る大谷と、2本差で追うゲレーロJr.の2人だ。

 まずは大谷の指揮官であるエンゼルスのマドン監督はMVPに関して、こう話す。

 現在チームア・リーグ西地区4位。勝率が低いチームの選手のMVP受賞に関しては「かつてA・ロッドアレックス・ロドリゲス)がMVPを獲得した時、レンジャーズは最下位だったが、彼はMVPに値した」と主張。2003年アレックス・ロドリゲスリーグ1位の本塁打数を記録したことでレンジャーズ時代にチームが最下位でありながら、MVP受賞となったことを例に出しながら、大谷支持を表明。

 中でも評価するのは前人未踏の二刀流挑戦だ。「私の先入観かもしれないが、彼は誰もが出来なかったことをやっている。野球界で最も価値ある選手だ」と語り、打撃だけではなく、投手としてもチームを支えていると高く評価した。

 一方、メジャー関係者がMVP争いで注目するのも打撃以外の部分だという。「MVPを決めるにはチームにどれだけ貢献したか、総合的な判断をすることになります。その点でいえば、大谷は投手としての活躍、また打撃だけでなく、快足を生かした盗塁も持ち味とあって、その点も評価の対象になる。一方のゲレーロJr.は守備の面での貢献度もポイントになる」。この日の大谷はリーグ6位となる16盗塁目をマークするなど、足でも存在感を示している。一方のゲレーロJr.は、5回に平凡なフライを見失ってタイムリーエラーを記録するなど、MVP争いとして注目を集めた試合で痛い失策となった。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

大谷、ゲレーロJr.と直接対決! 気になるMVP争いの「焦点」とは・・・