黒木華主演、杉野遥亮共演で、漫画「僕の姉ちゃん」の実写化が決定。2021年9月よりAmazon Prime Videoにて全話一挙先行配信、2022年テレビ東京にて放送予定だ。

【原作漫画を見る】姉ちゃんに将来について聞いてみると…

雑誌『anan』で長期連載中の益田ミリによる「僕の姉ちゃん」。素朴でまっすぐに育ってきた社会人1年目の白井順平(杉野)と、30歳の姉・白井ちはる(黒木)が繰り広げる恋、仕事、趣味、人生にまつわるユーモラスな会話劇を描く。姉弟だからこそのぶっちゃけトークでさく裂する“姉ちゃんの本音“は、一見ひねくれていて意地悪なように聞こえるが、実はしごく真っ当で、順平は妙に納得してしまう。

黒木は「お姉ちゃんの言葉がすごくしみて、弟とのやりとりにほっこりしました。二人の会話や、ゆったりとした空気感にクスッと笑っていただけると思います」とコメント

杉野は「なんだかつかみどころのない二人(姉と弟)だなと思いました」と、作品の第一印象を明かす。「でもそんな二人だからこそ、会話にはちょっとエッジが効いていたり、相手を思いやっていたりと、言葉の端々にただよう二人の雰囲気はすごく魅力的。 また、二人の会話の中に本質的なことがたくさん出てくるので、すごく考えさせられました」と語った。

「僕の姉ちゃん」がドラマ化される/(C)テレビ東京