勇者に選ばれた少年と個性豊かな妖怪たちが巨大な“妖怪獣”に立ち向かう、大人から子どもまでドキドキしながら楽しめる、夏休みにぴったりの映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』が8月13日(金)から公開。この連載「妖怪大図鑑」では、本編に登場する妖怪&人間たちを一挙に紹介。映画の予習にはもちろん、映画を観たあとに気になったキャラクタートリビアまで丸わかり。ちょっとコワくて、どこか憎めない、お気に入りの妖怪を探してみよう!

【写真を見る】インパクトある妖怪たちが勢ぞろい!輪入道は元々別の妖怪だった?

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は、伝説の妖怪ハンターの血を引く気の弱い小学生、渡辺ケイ(寺田心)が廃校の神社で赤いおみくじを引いたことから始まる物語。フォッサマグナから現れた巨大な“妖怪獣”を倒すため、勇者を待ち望む妖怪たちの世界へ導かれていくケイが冒険のなかで出会うのは、見た目も個性も様々な妖怪たち。ケイと妖怪たちは妖怪獣に対抗するため、最終兵器“大魔神”を復活させることに。

■第32回:炎に包まれた大車輪・輪入道

今回紹介する輪入道は、炎に包まれた大きな車輪の真ん中に、男の顔がついているという強烈な見た目の妖怪。京都に伝わる妖怪で、夜の街に現れるとされているが、これは元々「諸国百物語」に登場した片輪車という、京都の東洞院通りに現れた車輪の妖怪がモデルとなっているようだ。ちなみにその片輪車は後に、火炎に包まれた片輪の車に乗った女の妖怪に形を変えて「今昔画図続百鬼」にも描かれた。鳥山石燕の「今昔画図続百鬼」には、「此所勝母の里」と書いた紙を家の前に貼っておけば、輪入道は寄り付かないと記されている。

本作では日本の妖怪たちの仲間として登場。妖怪の世界に迷い込んだケイが次々と現れる妖怪たちに慌てふためいているなか、から傘や一つ目小僧、一反木綿といったよく知られた妖怪たちが一気に現れるシーンでその姿を確認することができる。そしてスクリーンを右から左に駆け抜ける油すましを追いかけるようにして画面を横切っていく…。

インパクト抜群の見た目の輪入道。『妖怪大戦争 ガーディアンズ』でも、その迫力ある姿を見逃さないように気を付けて!

文/久保田 和馬

「妖怪大図鑑」では、『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の個性豊かなキャラクターたちを続々ご紹介!/[c]2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ