シリコンバレー発のIoT・コネクテッド関連のプラットフォームを提供するMODE, Inc.(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ、CEO:上田 学、以下、MODE)は、2021年8月11日(水)に、MODE IoTラットフォームの時系列データベースの新バージョンを提供開始しました。


MODE IoTラットフォームの時系列データベースの新バージョンでは、計測されているデータモニタリングし業務システムコミュニケーションツールに通知ができる機能が追加されました。MODEシステムの中核であるMODE IoTラットフォームにアラート機能が追加されたことで、多くのIoTシステムで広く必要となるアラート機能を業務アプリケーションでお客様が独自にシステムを構築する必要がなくなり、設計開発のコストの削減と本番稼働時の運用コストの削減に繋がります。
以下は、ご利用いただけるアラート設定の一例です。

・業務アプリケーション内の画面表示
メールによる通知
・お客様の社内システムとの連携
LINEslackChatworkなどのコミュニケーションツールへの通知(※別途お客様にて中継サーバーを設置する必要がある場合がございます)
MODEが提供する各ソリューション内の画面表示の一例、MODEセンサークラウドに実装したイメージです。データ監視機能をフロントエンドのみの開発で実現できます。
MODEセンサークラウドにおけるアラート機能実装イメージ図
  • 導入効果
ほとんどのIoTシステムで必要となるデータの監視機能ですが、実運用で使えるアラート機能の設計・実装は難易度の高いものでした。アラート機能を開発・設計コストをかけずにすぐに利用できることで、IoTシステム開発の失敗リスクが1つ減りました。
  • 提供方法
MODE IoTラットフォームに追加APIとして実装されます。
https://www.tinkermode.jp/tsdb



MODE IoTラットフォームについて
MODE IoTラットフォームは、IoTビジネスで本格利用するための機能を網羅したクラウド型プラットフォームです。MODEのソリューションはすべて本プラットフォームをベースに構築されています。
企業がビジネスIoTを大規模運用することを前提としたシステム設計で、時系列データベースやファームウェアアップデートなど、IoTに特化した様々な機能を搭載しています。
URL https://www.tinkermode.jp/core_iot_platform


MODE 時系列データベースについて
MODE 時系列データベースは、絶えずデータ収集を続けるIoTシステム最適化しており、必要なデータをピンポイントで取り出すことが可能なため、ストレスのないデータ活用が可能です。

URL https://www.tinkermode.jp/tsdb


MODEについて
MODEは、日本のDXを加速させるIoTソリューションを提供しているシリコンバレー発のスタートアップです。あらゆるセンサーデータなどに対応するゲートウェイ内のソフトウェアと、クラウド上に独自開発をした超高速な時系列データベース技術をベースとして、現実社会のデータの収集を圧倒的簡単に提供するソリューションを提供しております。


■会社概要

会社名:MODE, Inc.
代表者:CEO / Co-Founder 上田 学
所在地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ市ゲートウェイドライブ1840、スイート250
設立:2014年7月
事業内容:センサーラットフォーム及び関連ソフトウェアサービスの提供
URLhttps://www.tinkermode.jp

配信元企業:MODE, Inc

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ