武蔵野大学東京都江東区)は世界規模の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、学生の海外派遣留学を見送っていましたが、現地の受入れ態勢が整ったため、ワクチン接種等の条件に2021年8月に学生1名を韓国へ派遣します。

2021年8月から約1年半ぶりに学生1名を韓国へ派遣する


【本件のポイント

【本件の内容】
武蔵野大学では世界の諸課題を担い、解決していく人材の育成を目指して世界27カ国、129校の海外の大学と協定を締結しており、2015年以降延べ3,291名の学生が多様な海外留学プログラムに参加しました。2020年以降は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、学生の海外派遣を中止し、一部の留学プログラムオンラインで実施することでコロナ禍においても学生が安全に学べる環境を提供してきました。

外務省の定める感染症危険レベル、留学ビザの発給状況などを注視し、協定校と受け入れ態勢に関する調整を続け、留学ビザが発給されている韓国に2021年8月からワクチン接種を終えた学生1名を派遣します。また同年10月にはグローバルコミュニケーション学科で留学を希望し、かつワクチン接種を終えた学生3名をアメリカ(フロリダ州)へ派遣する予定です。本学は今後もキャンパスで学友や教職員と時間や経験を共有できる「大学生活」を重視し、対面授業および留学プログラムの再開を検討し、学生の大学での学びが充実するよう、全力で取り組んでいきます。


【概要】

コメント
武蔵野大学 国際センター長 ドナ・ウィークス教授
約1年半にわたり派遣留学を中止しておりましたが、学生に海外留学の機会を提供できるよう様々な検討を重ね、実施の判断に至りました。新型コロナウイルス変異株の流行等、不安要素もある中での派遣となりますが、学生が安全に留学生活を送ることができるよう常に状況を注視し、安全管理を徹底いたします。また、今後より多くの学生に留学の機会を提供できるよう段階的に留学プログラムの再開に向けた検討を進めて参ります。


【関連リンク】
武蔵野大学HP(国際交流・留学):https://www.musashino-u.ac.jp/international/study-abroad/system/
武蔵野大学HP(国際留学派遣者数)https://www.musashino-u.ac.jp/international/international-center/index_1.html
武蔵野大学留学ガイド2021https://bit.ly/3rNN1UN


武蔵野大学について】
武蔵野大学有明キャンパス
1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。武蔵野女子大学を前身とし、2003年武蔵野大学に改名。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数12,000人超の総合大学に発展。また2021年4月に日本初の「アントレプレナーシップ学部」、全学生「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせるなど、2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。
武蔵野大学HP:https://www.musashino-u.ac.jp/

配信元企業:学校法人武蔵野大学

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ