本プレスリリース2021年8月5日イスラエルで発表されたプレスリリースの抄訳版です。原文は下記URLをご参照ください。
https://ir.similarweb.com/news/press-releases/detail/34/similarweb-bolsters-its-keyword-generator-with-youtube-and
  
2021年8月5日、テルアビブ(イスラエル)発 ― デジタルインテリジェンスのリーディンカンパニーである Similarweb (NYSE: SMWB 以下「シミラウェブ」)は本日、デジタルマーケティングインテリジェンスソリューションのキーワードジェネレーター*ツールへの新しい機能追加を発表しました。今回の追加機能では、従来のGoogleの機能に加えて、YoutubeAmazonのオンサイト検索データが追加されたほか、Google APIのボリューム推定値をシミラウェブ独自のデータで補完する、新しいハイブリッドキーワードボリューム計算機能が追加されました。これにより、GoogleYouTubeAmazonも含めたサイトから有効な検索キーワードキーワードジェネレーターからまとめて表示できるようになりました。

キーワードジェネレーターとは:
サイトへの誘導を促すために「キーワード」を分析します。元となるキーワードに基づいたキーワードリストを自動的に生成します。ユーザーは、正確な用語からロングテールキーワードまで、キーワードに関する多様な提案を受け取ることができ、各キーワードの正確な検索ボリューム、トレンド、ウェブサイトの獲得状況を確認することができます。

シミラウェブデジタルマーケティングソリューション担当副社長のMaoz Lakovski氏は、「新しいキーワードジェネレーターは、完全にシミラウェブ独自のものとして提供いたします。私たちは、アクセスしたユーザーの実際の行動データに基づいたキーワードリサーチを提供するだけでなく、人々がどのように検索するかという事象にも対応しています。GoogleAmazonYouTubeでの検索する人々の目的が根本的に異なります。キーワードジェネレーターは、SEOデジタルマーケティングを担う人達に、これらの検索行動を総合的に考える力を与えてくれます」と述べています。

これまで、多くのキーワードリサーチツールは、YouTubeAmazonからのキーワードインサイトの価値を見落としていましたが、シミラウェブは、デジタルマーケターが検索行動の全体像を把握するために、これらの検索エンジンを簡単に探索できるようにします。

世界第2位の検索エンジンであるYouTubeは、企業ブランドにとって顧客にリーチしてコンバージョンするための重要なフロンティアとなっています。シミラウェブYouTubeキーワードジェネレーターは、検索ボリューム、クリック数、関連キーワードなど、YouTubeのオンサイトキーワードデータを提供します。これにより、各社ウェブサイトを担うコンテンツチームや検索担当者は、動画コンテンツ最適化してYouTubeで上位表示させたり(「YouTube SEO」)、Googleの動画SERP機能で紹介される機会を増やしたり(「動画SEO」)することができます。また、YouTubeキーワードジェネレーターは、あらゆるテーマコンテンツを発掘することを可能にします。

商品検索の60%以上がAmazonで始まり、Eコマースにとって重要なチャネルとなっています。シミラウェブAmazonキーワードジェネレーターを利用することで、検索担当者は何千もの重要なキーワードを発見することができ、月ごとのオンサイト検索ボリューム、クリック数、オーガニック検索と有料検索の割合、上位の国、関連キーワードなどを利用して、Amazon検索戦略を最適化することができます。
シミラウェブは10年以上にわたり、行動データや公的に収集されたデータの質と量を蓄積してきましたが、これらのデータを複製することはほぼ不可能であり、毎日新しいデータが集約されるため、常に拡大し続けています。
すべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標 ™ または登録商標 (R) です。これらの使

用は、係る商品や会社との提携関係や保証を意味するものではありません。 シミラウェブインサイト(知見)は、第三者から取得した情報に基づく評価および推定です。シミラウェブは、本ドキュメントに記載したデータの正確性や欠落等について一切の責任を負いません。


シミラウェブwww.シミラウェブ.com/ja)について
シミラウェブは、デジタルインテリジェンスを提供するパイオニア企業です。オンライン活動を測定するための最も信頼できるプラットフォームとして、日々何百万人ものユーザーが、シミラウェブから得るデジタルインサイトを活用しています。デジタル・エコシステムの中で起きる変化を理解する手段として、個人からエンタープライズビジネスリーダーまで、業種業態を問わず、よりスマートなビジネス判断をすることに役立てられています。詳しくは www.similarweb.com/ja をご覧ください。

配信元企業:SimilarWeb Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ