FC町田ゼルビアは11日、サンフレッチェ広島からGK増田卓也(32)が期限付き移籍加入することを発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「1」を着用する。

広島県出身の増田は2012年に広島でプロデビュー。控えGKとして5シーズン在籍したのち、2017年2018年は期限付きでV・ファーレン長崎へ移籍し、2017シーズンJ2リーグでは42試合に出場した。

2019年には町田に期限付き移籍し、同じくJ2リーグで38試合に出場。この度、1年半ぶりに復帰することになった増田は、両クラブの公式サイトを通じてそれぞれのメッセージを残している。

FC町田ゼルビア
「再び、FC町田ゼルビアで、プレーできるチャンスを与えてくださり感謝しています。覚悟と責任を胸に、サポーターの皆様へ少しでも多くの勝利と笑顔を届けられるよう、頑張ります。よろしくお願いします」

サンフレッチェ広島
「サンフレッチェファミリーの皆様、いつも応援、サポートありがとうございます

「この度、シーズン途中にはなりますが、チームを離れる決断をしました。復帰後の1年半、悔しい思いが多かったですが、皆様と共にサンフレッチェ広島の一員として闘えたことは、素晴らしい日々でした。感謝しています」

「今シーズンサポーターの皆様が想い描く結果は中々出せていないかもしれませんが、監督、コーチチームスタッフフロントスタッフ、そして選手は、目の前の1試合に全てをかけて、魂込めて、闘っています」

「厳しい声はもちろん必要ですが、最後まで、僕の大好きなサンフレッチェ広島サポートよろしくお願いします。最後は笑顔で…」

ありがとうございました

8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像