Official髭男dismの新曲「アポトーシス」を使用したApple Musicの空間オーディオ広告キャンペーン「音があふれる空間をいつでも手の中に」がスタート。本日8月11日より全国でテレビCM及びオンラインの広告が展開される。

 Apple Musicは、今年6月からドルビーアトモスによる空間オーディオを導入し、サブスクリプションの登録者に業界最高レベルの音質を追加費用なしで提供することを開始した。これまでに、ビリーアイリッシュアリアナ・グランデ、ジャスティン・ビーバーテイラー・スウィフトマルーン5、ザ・ウィークエンド、ハービー・ハンコックポストマローン、クイーンビートルズコールドプレイザ・ローリング・ストーンズなど、新旧様々なアーティストの楽曲を空間オーディオ対応で配信している。

 Official髭男dismの新曲「アポトーシス」は、本日より空間オーディオでの配信をApple Music限定で開始。また、シングル「アポトーシス」が収録されたメジャー2作目のニューアルバムEditorial』は、8月18日に全楽曲が空間オーディオ対応でApple Music限定で配信開始となる。アルバムのプレアド(先行追加)は8月11日に開始する。また、今後、Official髭男dismの過去の作品も空間オーディオ対応で続々と発表されていく予定だ。なお、このキャンペーン開始と同時に、Apple Musicでは特集ページ「Official髭男dismを空間オーディオで」を開設し、Official髭男dismの作品を紹介している。

 さらにOfficial髭男dismは、同じく本日公開される「J-Pop Now Radio」のエピソード40にゲスト出演し、空間オーディオ対応の楽曲制作における新しい体験や逸話を語っている。


◎キャンペーン広告映像「音があふれる空間をいつでも手の中に」
https://youtu.be/NTX1Oj3FKPI

Apple Music 特集ページ「Official髭男dismを空間オーディオで」
https://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewMultiRoom?cc=jp&fcId=1573515526&mt=1&ls=1&app=music