株式会社Progate(本社:東京都渋谷区、代表:加藤將倫、以下Progate)は、インド工科大学ボンベイ校の学生1万人に対してプログラミング学習サービスProgate」の提供を開始したことをお知らせいたします。

(上図:インド工科大学ボンベイ校キャンパス
Progateは、プログラミング学習サービスProgate」をインド工科大学ボンベイ校の学生1万人への提供を2021年7月より正式に開始いたしました。

インド工科大学は工学と科学技術を専門とする、インド共和国において最高水準の国立大学です。毎年約1万人の定員に対し100倍以上の応募倍率にもなるインド最難関の大学と評されており、Google社CEOのサンダー・ピチャイ氏(※1)など、IT企業の経営者を多数輩出しています。

Progateインド工科大学にプログラミング学習の基礎知識の習得に適していると認められ、本校学生の基礎知識習得をサポートするためにインド工科大学ボンベイ校の学生1万人にサービスを提供します。
Progateを補助教材として提供することでより多くの言語や技術を学ぶ機会を創出し、本校学生のさらなるプログラミング能力向上をサポートします。

※1.サンダー・ピチャイ氏:Alphabet社、Google社CEO。インド工科大学カラグプル校出身。
インドでは新型コロナウイルスによる影響で学校閉鎖を余儀なくされ、約2億人の就学児童が従来の教育を受けることができなくなり、オンライン学習の利用拡大が進みました。

2020年7月にはインド教育省は教育制度全般に関する方針を34年ぶりに改訂した「National Education Policy2020(NEP2020)」(※2)を公表しました。その中でもオンライン学習などのEdTech活用を推進することを掲げています。

Progate2018年8月にインドに法人を設立し、Webスマートフォンアプリオンラインプログラミング学習サービスを提供してまいりました2021年8月、同国の会員登録数は23万人を超えました。

世界から注目される権威あるインド工科大学に認められたことを受けて、さらにインド国内で価値を広げ、EdTech推進の一助となれるように邁進してまいります。

※2.「National Education Policy2020」https://www.education.gov.in/sites/upload_files/mhrd/files/Draft_NEP_2019_EN_Revised.pdf
  • インド工科大学ボンベイ校 学生の声
Progateの導入をインド工科大学に推奨してくれたインド工科大学ボンベイ校のAarushi Chaudharyさんにコメントをいただきました。

すでに積極的にProgateを学んでいるインド工科大学ボンベイ校のAastha Patelさんにもコメントをいただきました。
※3.Progate公式キャラクターユーザーと同じプログラミング学習者という立場でサービスに登場する。
2018年8月、インド共和国カルナータカ州バンガロール市に「Progate Online Education Pte. Ltd.(Progate India )」を設立し、2021年8月現在、登録ユーザー数は23万人を突破しました。インド工科大学をはじめとした現地の教育機関等と多数の取り組みや提携をしています。
Progate Indiaマネージャー 吉野賢哉より
Progateは、プログラミング学習を始めたいと思った時に、すぐに開始できるオンライン学習サービスです。2021年2月、ユーザー数は全世界で200万人に達しました。
一般的なプログラミング学習には「環境構築」と呼ばれる開発を始めるための準備が必要ですが、Progateは、学習の入り口にあるそれらの障害を独自の技術によって限りなく取り除き、ブラウザアプリのみで今すぐ学習することを可能にしています。
Progateは、世界一わかりやすいプログラミング教材を世界中に届けることを目指して、今後もプログラミング学習サービスを展開してまいります。

Progatehttps://prog-8.com/

配信元企業:株式会社Progate

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ