日本映画史上初のモロッコの長編映画「モロッコ、彼女たちの朝」が8/13(金)に公開が決定。

【写真】出演作品が日本初公開となるニスリン・エラディ

第92回アカデミー賞に女性監督初のモロッコ代表として正式出品を果たし、さらに第72回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」にも出品した本作は、モロッコの都市・カサブランカの旧市街にある小さなパン屋ふたりの運命が交わり、新しい人生へと歩き出す、実話から生まれた感動作。

■気鋭の映画監督が過去の記憶をもとに作り上げた

新星マリヤム・トゥザニ監督が、過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出をもとに作り上げた長編デビュー作。モロッコの伝統的なパンやインテリアアラビア音楽など、あふれる異国情緒がドラマを彩り、家父長制の根強いモロッコ社会で女性たちが直面する困難と連帯を、フェルメールやカラヴァッジョといった西洋画家に影響を受けたという豊かな色彩と光で、美しく描いた。本作は 2019 年のカンヌ映画祭を皮切りに世界中の映画祭で喝采を浴び、女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表に選出。さらに、現在までに欧米を中心に公開され、日本でも初めて劇場公開されるモロッコの長編劇映画となった。製作・共同脚本に、本年度カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に監督作が正式出品された著名監督で、トゥザニ監督の夫でもあるナビール・アユーシュ。主演はルブナ・アザバルとニスリン・エラディが務める。

■艶やかなダンスを披露する本編映像が解禁

そしてこの度、世界的人気の女優が艶やかなアラビアダンスを披露する本編映像が解禁。

異国情緒あふれるアラビアミュージックにのせてサミア(ニスリン・エラディ)が艶やかなダンスを披露するシーン。居候中のサミアが戸棚で偶然見つけたのは、アラブ音楽を代表する歌手、ワルダのヒット曲「Batwanes Beek」のカセットテープ

「最高に幸せよ あなたと一緒にいると」と歌うこの曲の歌詞を口ずさみながら、サミアは鏡に向かって肩を揺らし、髪をかき上げ、艶やかなダンスを楽しそうに踊る。そんな中、耳慣れた曲が流れていることに気がついたパン屋の娘、ワルダが現れ、「早く消して ママに怒られる」と告げる。娘に同じ名を付けるほど、歌手ワルダの音楽が大好きだったはずの母親アブラ。「パパが死んでから一度も聴いていない」。それを聞いたサミアの顔には複雑な表情が浮かんでいた。

■今後も期待大の主演2人

唯一無二の存在感を見せるサミア役のニスリンとともに、アブラ役にはルブナ・アザバルと、本作ではモロッコの人気女優 2 人が共演している。ルブナ・アザバルはモロッコ系のベルギー人で、パレスチナの若者たちを描いた衝撃作「パラダイス・ナウ」(2010年)や、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作「灼熱の魂」(2010年)で知られ、日本の映画ファンの間でも人気の高い女優だ。近年は「テルアビブ・オン・ファイア」(2018年)でもスター女優役でコミカルな演技を見せた。

一方、本作が日本での初公開作品となるニスリン・エラディ。モロッコ出身の彼女は、中東・北アフリカ圏では既に大人気の女優。さらに今年、フランスセザール賞を主催する映画芸術技術アカデミーが発表した新鋭の若手俳優「Revolution2021」の 1 人に選出された。

監督が「2 人の女優に出会えたことは幸運だった」と語っているが、その言葉通り、ルブナ・アザバルとニスリン・エラディは本作で役にシンクロし切った様々な表情の繊細な演技を披露する。海外メディアも「ルブナ・アザバルと、ニスラン・エラディの巧みな演技は、お互いに頼ることを学んでいく細やかな時間に、心と魂を与えている」(Screen)、「互いの身体の変化を、驚きと懐かしみの中で見つめる2人」(Los Angels Times)と絶賛している。

ストーリー

臨月のお腹を抱えてカサブランカの路地をさまようサミア。イスラーム社会では未婚の母はタブー。美容師の仕事も住まいも失った。ある晩、路上で眠るサミアを家に招き入れたのは、小さなパン屋を営むアブラだった。アブラは夫の死後、幼い娘のワルダとの生活を守るために、心を閉ざして働き続けてきた。パン作りが得意でおしゃれ好きなサミアの登場は、孤独だった親子の生活に光をもたらす。商売は波に乗り、町中が祭りの興奮に包まれたある日、サミアに陣痛が始まった。しかし彼女は生まれ来る子の幸せを願い、養子に出すと覚悟していた。

「モロッコ、彼女たちの朝」ポスタービジュアル/©︎ Ali n' Productions – Les Films du Nouveau Monde – Artémis Productions