株式会社シルバースタージャパンは、同社の開発するリアルタイムシミュレーションゲームリアルタイムバトル将棋オンラインSteamストアページを開設。8月28日早期アクセスを開始することを発表した。基本プレイ無料でリリース予定で、早期アクセスは1ヶ月から2ヶ月を予定している。

(動画はNintendo Switch向けのため、一部内容が異なる可能性がある)

 『リアルタイムバトル将棋オンライン』は、普通の将棋から「ターン制」を取り除いたゲームだ。通常の将棋は1手ずつ交代で打つが、本作は相手のターンを気にせず、常にコマを動かすことができる。ただし、一度動かしたコマはクールタイムが終わるまで再び動かすことはできない。

 この特殊ルールの将棋を指し、先に相手の王将をとった方が勝利だ。制限時間も設けられており、時間内にどちらの王将も生き残った場合、獲得したコマに設定された得点が高い方が勝利だ。

 シングルプレイだけでなく、オフラインの2P対戦やオンラインでのランキングバトルレーティング対局」やランキングが上下しない「フリー対局」に対応。フリー対局は最大4人が参加してわいわい遊べる。対戦中はスタンプで会話することも可能だ。

 レーティング対局と2P対戦では、クールタイムハンディキャップを設定して戦うこともできる。腕前の違うプレイヤー同士でも楽しく遊べる。

 eスポーツ展開にも注力しており、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)のライセンス認定タイトルとなった。

(画像はSteam『リアルタイムバトル将棋オンライン』より)
(画像はSteam『リアルタイムバトル将棋オンライン』より)
(画像はSteam『リアルタイムバトル将棋オンライン』より)

 『リアルタイムバトル将棋オンライン』は現在Nintendo SwitchPS4で発売済み。8月28日には基本無料版としてSteam版もリリース予定だ。

Steam『リアルタイムバトル将棋オンライン』はこちら