俳優の鈴木亮平が11日、都内で行われたニチレイ「本格炒め炒飯」発売20周年記念 冷凍炒飯売上世界No.1ギネス世界記録認定PRイベントに出席。エプロン姿で炒飯を調理し、照れ笑いを浮かべた。

【写真】赤いエプロン姿で登場した鈴木亮平、炒飯を調理&豪快に実食 ニチレイ「本格炒め炒飯」PRイベントより

 発売20周年を迎えたニチレイの「本格炒め炒飯」は、2020年冷凍炒飯カテゴリで売上世界No.1を達成し、このたびギネス世界記録に認定された。鈴木はくす玉を割り、笑顔で祝福。ギネスの認定証を初めて見たという鈴木は「テレビとか写真でしか見たことがなかったので、生で見られてちょっと感動しました」と感慨深げに語った。

 イベントではエプロン姿の鈴木が自らフライパンで同商品を調理。「あまり普段エプロン姿で人様の前に出ることがないので、照れますね」と照れ笑い。フライパン調理とレンジ調理のものを食べ比べるシーンでは、MCから「本当においしそうに食べますね」と声をかけられ、鈴木は「子どもの頃からよく言われるんですよね」と答え大きな口を開けて実食。食べ終えると、鈴木は「両方とも本当においしいです」と太鼓判を押した。

 さらに、商品にちなみ“ついつい熱くなってしまうこと”というテーマトークが展開。鈴木は「テレビゲームはやり始めると夢中になってずっとやってしまうんですよ」と告白。子どもの頃からゲームが好きだといい「あるときに『これはまずい』と思って自制しています」と打ち明けた。

 “家でゴロゴロする時にしていること”については「これ聞きたいですかね?」と笑いながらも「マッサージ機をふくらはぎに挟みながらYouTubeを見ています」と回答。しかし、現在放送中の日曜劇場TOKYO MER~走る緊急救命室~』で主演を務める鈴木は「今はそれどころじゃないです。人の命を助けなければいけない」と話し、会場の笑いを誘った。

ニチレイ「本格炒め炒飯」発売20周年記念 冷凍炒飯売上世界No.1ギネス世界記録認定PRイベントに登場した鈴木亮平  クランクイン!