台湾で25年以上コンサルティング事業を行うワイズコンサルティンググループ(本社:中華民国台北市、代表取締役:吉本康志)は、ジェトロと公益財団法人日本台湾交流協会が共同で実施する2021年中小企業海外展開現地支援事業において、台湾進出に関する様々な活動をサポートする「コーディネーター」に選定されました。

2021年中小企業海外展開現地支援プラットフォーム」は公益財団法人日本台湾交流協会が、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)と連携して、海外展開を図る日本の中小企業や現地で課題を抱える日系中小企業を対象とした支援の実施、ならびに支援サービスの充実を目的としています。


「コーディネーター」は、 展開先市場に関する動向、 トレンド等に関する情報、 支援ツール・ノウハウなどを日系中小企業に提供し、または現地パートナー候補や現地協力機関等の紹介等の活動を通して、対象企業を支援します。

中小企業海外展開現地支援プラットフォームについて
https://www.jetro.go.jp/services/platform/
  • ワイズコンサルティングが支援できること
・市場調査(流通事情、競合状況、販売方法、輸出規制など)
・企業のリストアップ
・現地協力機関等の紹介、取次ぎ
・商談会・展示会イベントへの協力

  • コーディネーター
吉本 康志(よしもと やすし)
ワイズコンサルティング・グループの代表を務める。日系大手コンサルティングファームの駐在員として5年勤務後、1996年にワイズコンサルティング創業。在台日系企業向け最大の情報サービスグループを経営するとともに、自ら経営コンサルタントとして経営、マーケティング、人事労務など、台湾ビジネス展開におけるコンサルティングを提供している。
陳 逸如(ちん いいる)
ワイズコンサルティングの副社長を務める。2006年にワイズコンサルティングに入社、現在リサーチ会社の経営も担当。業界を問わず、BtoBからBtoCまで幅広いリサーチに携わっている。人事労務分野、市場調査、フィジビリティスタディーなどに関するご相談が可能。
段 婉婷(だん えんてい)
ワイズコンサルティングのマネジャーを務める。2010年にワイズコンサルティングに入社。業界調査、競合調査、消費者調査を得意としている。ISO27001情報セキュリティマネジメントシステム主任審査員の資格を持ち、情報セキュリティ分野も強い。

●コーディネーターについて
https://www.jetro.go.jp/services/platform/taipei.html

【会社概要】
会社名:ワイズコンサルティング グループ(在台日系企業利用率No.1のコンサルティングファーム)
所在地:中華民国台北市襄陽路9號8F
代表者:吉本康志
設立:1996年11月
URLhttps://www.ys-consulting.com.tw/
事業内容:
・経営コンサルティング(人事労務・マーケティング・経営戦略・情報セキュリティ
・人材トレーニング(階層別研修・職種別研修)
日本語台湾経済ニュース配信
・市場調査・業界調査・顧客調査
クラウドサービスの販売

配信元企業:威志企管顧問股イ分有限公司(ワイズコンサルティンググループ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ