株式会社beatcamera(本社:東京都港区、代表取締役:松尾謙二郎・木村幸司)は、2021年8月11日スマホで誰でも簡単に、おもしろ動画が作れる自動動画編集アプリbeatcamera」(ビートカメラ)を発表いたしました。
beatcameraについて】
beatcamera」は、スマホの動画をボタンひとつで自動編集して、おもしろ動画が作れるアプリです。何気ない動画でも、その中から抽出した音声を組み替えて新たなビートを作り、映像と合わせて再編集、思いもよらない動画を生み出します。さまざまなジャンルビートを選ぶことができ、さらにお正月クリスマスなど季節限定のビートも配信予定。さまざまなシーンでお楽しみいただけます。
公式サイト:https://beatcamera.com/

beatcamera_app


価格:無料
https://apps.apple.com/us/app/beatcamera/id1576632641
※一部対応していない機種がございます。ご了承ください。( Androidには対応していません)

アプリの使い方】
beatcamera_howto

【こんな動画がつくれます】
beatcamera_video

【誕生のきっかけ】
1970年代以降、ヒップホップによって一般的になった音楽制作技法である「サンプリング」は既存の曲からある一部分の音声やフレーズを取り出し、それらを繋げて全く新しい音楽を生み出します。その技法は、さらに時を経て音と合わせた映像表現でも取り入れられるようになります。
(例:『 Timber』 - Coldcut &Hexstatic〈 https://youtu.be/B8-QDCKdVO4〉)
それらは今日、さまざまな分野の映像表現で利用され、日々進化していますが、これらを作るのにはとても手間と時間がかかります。このとても楽しい映像表現を誰でも気軽に体験することができたらという思いからこのアプリが生まれました。

【解析の仕組み】
AIが動画から音声を抽出し、その中で最もバスドラムに近い、シンバルに近いといったように、音声をパーツに分解します。それを映像と組み合わせてアプリが自動で編集し、ビート動画が完成します。

beatcameraウェブサイト】
beatcamera」公式サイトではbeatcameraで作られた動画を随時更新、公開しております。
公式サイト:https://beatcamera.com/

株式会社beatcameraについて】
音と映像がリンクすることの気持ちよさにこだわる会社とメンバーが集まって、新しい体験を追求するためにつくられた会社です。
公式サイト:https://beatcamera.com/

beatcamera プレスキット】
beatcamera」のプレスリリース用素材は以下からダウンロードできます。
プレスキットダウンロードURLhttps://beatcamera.com/presskit.zip

【開発会社について】
株式会社invisi
見えないものが大事である、音を拡張するをテーマにした音の会社です。サウンドブランディングやインタラクティブな音の可能性を探っています。新しい価値を作り出せるチームを構成している会社です。
公式サイト:https://invisi.jp/

株式会社STARRYWORKS
先人たちが築いてきた伝統的な技能を大切にしながら、新しいテクノロジーへの興味と研究も欠かさない。どちらも受け入れ理解した上で、手法にとらわれない本質的なもの作りを追求している集団です。
公式サイト:https://www.starryworks.co.jp/

株式会社coton
coton [ co = cooperation + oto = 音 + ton = 音 ドイツ語 ]の名のもとに、cotonは音・身体・生活・テクノロジーキーワードに最先端の研究に基づくソリューションを提案します。アート・産業・研究がリンクする横断的領域を開拓し、あたらしい価値を創造していきます。
公式サイト:https://coton.jp/

スタッフリスト
プロデューサー:松尾謙二郎(invisi)
クリエイティブディレクター:木村幸司(STARRYWORKS
顧問:古川聖(coton)
テクニカルディレクター:濱野峻行(coton)
エンジニア:森本洋太(coton)
コンポーザー:宮本貴史(coton)
プロジェクトマネージャー:菊池陽介(invisi)
UXデザイナー / Webデベロッパー:Lin KaiTing(invisi)
UIデザイナー:富岡奈々美(STARRYWORKS
PR:浅野春香(STARRYWORKS

配信元企業:株式会社beatcamera

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ