2021年6月10日に設立した、日本ROV協会は、8月11日より協会員募集を開始致しました。また、9月10日には第1回「技能認定講習」を行い、合格者には業務において技術証明を開示可能な認定証を発行致します。

  • 【日本ROV協会】会員募集および第1回「技能認定講習」実施のお知らせ

一般社団法人日本ROV協会(事務局:東京都中央区、代表理事:川嶋 絵梨、運営:エアロエントリー株式会社)は、2021年8月11日(火)より、協会員の募集および第1回「技能認定講習」の実施をお知らせ致します。


日本ROV協会とは
当法人は、広く一般市民に対し、ROV(遠隔操作型無人潜水機)並びに水中ドローン、AUV・USV等の水中ロボットに関する知識、技術の向上、安全性の確保、情報の共有と提供、相互コミュニティーの構築等を行うことにより、海洋事業、海洋業界の発展、社会教育の推進及び消費者の保護を目的とし、2021年6月10日に設立致しました。安全運用のための事業展開として「仕様点検」「教育・人材育成」「資格認定」を行い、更なる「事業創造」 に繋がる活動を行ってまいります 。

目的
  1. レジャーから海洋土木に至るまで、さまざまな水中事業における環境整備および海洋業界全体の発展
  2. ROV および水中ドローンの普及と安全運用のための啓蒙
  3. ROV および 水中ドローンビジネスを牽引する、スペシャリストの育成
  4. 水中ロボティクスを社会に浸透させるための、技術やソリューションの展開および関係団体や国内外研究機関との連携

会員メリット
・協会が主催するセミナー、講演会、講習会等の参加費の割引
・協会が認定する施設を特別価格で利用可能
・協会が認定する資格試験を特別価格で受講可能
・水中ドローン保険に特別価格で加入可能
・協会の会員に対して情報発信が可能
・協会から業界の最新情報を取得可能 (新商品デモをふまえた月1回程度の情報発信)等

入会案内
◆特別会員は、入会金・年会費ともに無料となります。 ( 水中ドローン・ ROV の普及、海洋事業発展のための啓蒙活動を行うことを見込んだものとなります
◆法人会員は、一律で入会金・年会費がかかります。 但し、自社の情報発信の媒体として協会を利用することが可能であり、その他各種特典のご用意を予定しております。
◆個人会員は、入会金のみかかります。但し、資格の認定証発行料や保険料の割引によって還元される予定となっております。

入会をご希望の方は、お申込フォーム「https://forms.gle/k5MdAR6fssiKrToL6」にご入力ください。入会案内資料請求をご希望の方は、資料請求フォーム「https://forms.gle/XGedxF1QgEHLCfXU6」より、承ります。
  • 第1回技能認定講習実施のお知らせ
2021年9月10日(金)に、第1回「技能認定講習」を開催致します。なお、本講習会は、協会主催の講習会であるため、協会員は、20%OFFにて受講することができます。受講希望の方は、技能認定講習のお申込フォーム「https://forms.gle/jnD5scr75BgJMBx69」にご入力ください。
技能認定講習テキスト ※イメージ
ROV技能認定操縦資格取得のメリット
1.初心者でも安全な水域で実践訓練が学べる。
2.新たな技術発展や法律など、ROVを運用する為に必要不可欠な知識や能力を取得可能。
3.現場環境に即した訓練を受けることで、即戦力を身につけることができる。
4.各種ソナーや特殊カメラなどの運用を対象にしたROV技能認定操縦資格Class2の受講資格を取得可能。
5.最新のROVを操縦体験する事ができる。
6.合格者には技能証明となる認定証を発行。業務において技術証明を開示可能。

開催概要
講習日時:2021年9月10日(金) [1日間]
座学講習:9:30~12:30(座学テスト込) 昼休憩:12:30~13:30 実技講習:13:30~17:30
募集人数: 12名
受講費用:120,000円+税 (協会員価格:96,000円+税)
※合格者には技能証明となる認定証を発行。別途認定証の発行費用10,000円がかかります。
講師:3名
会場:オーケーマリンプロ
所在地:東京都練馬区豊玉北4-30-8
アクセス方法 電車:西武 新宿線練馬駅」から、徒歩3分
車:首都高速道路 5号池袋線「北池袋IC」20分
駐車場:付近にコインパーキングがあります

初心者の方から上級者まで、どなたでもご参加いただけます。年齢15歳以上、性別不問。

受講要件
視力:両眼で0.7以上(視力矯正可)
聴力:日常会話やROVの動作音が認識できること
その他:ROVの運用に支障ない事

持ち物
筆記用具、サンダルタオル ※座学テキストは当日配布致します。

・水際で操縦しやすい服装でお越しください。
・受講時・試験時の機体は全て協会側で用意いたします。
・実技訓練は、CHASING M2 PRO、FIFISH V6 PLUSBlueROV2を操作可能です。
・技能試験は、上記3機種のいずれかとなる予定です。

講師プロフィール

株式会社sheeps order 魚谷利仁氏 BlueROV2を複数運用し、北陸を中心に調査事業を展開。複雑な潮の流れを理解し、過酷な海域での運用では一線を画した技術を持つ。近年では農業用ドローン及びリモートセンシングの講師としても活躍し、100名以上の受講者を輩出している。

株式会社SEKIDO 高木圭太氏 2016年より現職にて、法人営業や講習構築や販促セミナー実施などを実施。2017年からは本格的にROV/水中ドローン事業を統括し、販売以外でも受託調査、検証などを行いながら現場に寄り添う。BlueRobotics社製品では開発経験を活かし、様々な公民の研究機関へ技術協力も行う。

日本海株式会社 佐藤友亮 2011年より海洋計測機器の販路拡大に従事。東日本大震災のため各地の測量・研究の支援を通し、海洋調査の重要性を痛感。以降、セミナー・デモ・展示会の企画・運営や代理店ビジネスの立ち上げなどを行う。2019年より現職にて、水中ドローンの現場オペレーションから、マーケティング、販売に至るまで幅広く活動している。
▼一般社団法人日本ROV協会 入会案内資料請求フォー
https://forms.gle/XGedxF1QgEHLCfXU6

▼入会希望者 お申込フォー
https://forms.gle/k5MdAR6fssiKrToL6

▼第1回「技能認定講習」 お申込フォー
https://forms.gle/jnD5scr75BgJMBx69

▼お問合せフォーム 
https://forms.gle/fb7goYXXTNxrYruN8
日本ROV協会に関する上記以外のお問合せ
  • 協会概要
名称:一般社団法人日本ROV協会
英称:Japan Remotely Operated Vehicle Association(略称:J-ROV)
URLhttps://j-rov.org/
住所:東京都中央区日本橋2-29-4 日本橋中央ビル5階
代表理事:川嶋 絵梨(エアロエントリー株式会社)
お問い合わせメールアドレスinfo@j-rov.org

配信元企業:エアロエントリー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ