メイン画像

九州に活発な雨雲がかかりはじめ、長崎県新上五島町では1時間に63.0ミリの非常に激しい雨を観測。今後は、災害レベルの大雨の恐れがありますので、自治体からの避難情報の確認を。

九州で滝のような雨

九州に前線に伴う活発な雨雲がかかりはじめ、長崎県新上五島町では11日午後2時過ぎまでの1時間に63.0ミリの非常に激しい雨を観測しました。今夜は特に、長崎県熊本県を中心に雨雲が発達しやすく、場合によっては、同じところで強い雨が降り続く恐れがあります。その後も、数日間大雨の降りやすい状態が続きますので、今のうちに、避難経路を確認するなど、備えは早めにしてください。
暗い時間の避難は非常に危険ですので、万が一、大雨で浸水などしてきた場合は、周りの状況をよく確認し、より安全な場所を確保してください。声を掛け合って行動をしてください。

最新の気象情報を確認

画像B

最新の「気象情報」を入手するには、テレビラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。
①雨雲レーダーチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

九州に活発な雨雲 長崎で1時間に63ミリ 暗い時間の大雨に警戒を