長い胴体が特徴のA321「JA151A」さんでした。

ANAの主力機のひとつになりつつあるA320ファミリー

羽田空港2021年8月6日(火)、ANA全日空)向けの新品の旅客機が、ドイツからロシアを経て到着しました。ヨーロッパ航空機メーカーエアバスベストセラー旅客機シリーズA320ファミリー」のひとつ、A321「JA151A」です。

ANAでは「A320ファミリー」のうち、標準タイプの「A320」と、胴体延長タイプの「A321」の2種類を使用しています。現在、2タイプはおもに国内線において、まさに全国津々浦々に投入されている状態。「もっともよく見かけるANA機」のひとつともいえるでしょう。ただこの「JA151A」は、見た目こそ標準的なANAのA321ですが、「A320ファミリー」にとっては重要な意味を持ちます。

ANAによると「JA151A」は、ドイツハンブルク工場から出荷された5000機目のA320ファミリーとのこと。同社の公式SNSアカウントでは、これを記念し、この機が未塗装の状態から「ANA塗装になるまでのビフォーアフター」を写真で紹介しています。

ANAに納入されたA321neo「JA151A」(画像:ANA公式Twitter)。