今夏マンチェスター・Uへ加入するフランス代表DFラファエルヴァランが、正式契約に向けてメディカルチェックを始めたようだ。10日、イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

 マンチェスター・U7月27日ヴァランの完全移籍でレアル・マドリードと合意に至ったことを発表。移籍金はボーナスを含めると最大4100万ポンド(約63億円)になることが報じられ、メディカルチェックと契約の条件面がまとまり次第、正式加入となることが明らかになっていた。

 新型コロナウイルス対策で検疫期間を設けられていたため、未だヴァランの正式加入は発表されていないが、報道によると、同選手の検疫期間は終了した模様で、10日からメディカルチェックを受け始めたことが伝えられている。また、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、個人条件も問題はなく、2025年6月30日までの契約に1年の延長オプションが付随した契約で合意しているようだ。

 マンチェスター・Uとしては24〜28時間以内に契約を締結することを望んでいる模様で、14日に行われるリーズとのプレミアリーグ開幕戦の前に同選手がトレーニングに参加することを希望しているという。なお、遅くとも金曜日(13日)の正午までに選手登録を行えば、開幕戦に出場することは可能となるようだが、果たして同試合に出場する可能性はあるのだろうか。

マンチェスター・Uへの正式加入に近づくヴァラン [写真]=Getty Images