株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「EV用アクチュエーター市場の予測 (2028年まで) - COVID-19の影響と世界市場の分析」(The Insight Partners)の販売を8月10日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tip1004643-electric-vehicle-actuator-market-forecast-covid.html


EV用アクチュエーターの市場規模は、2020年の5億8561万米ドルから、2028年には11億6471万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて8.5%のCAGRで成長することが見込まれています。

アクチュエーターは、機構の制御を担う装置の部品で、ロックピニオン配列、ボールねじ、モーターシリンダーなどに使用されます。電動アクチュエーターは、効率的で制御性に優れているため、油圧・空圧アクチュエーターからの置き換えが進んでいます。EV用アクチュエーター市場は、特に欧州地域で、投資の増加により成長しています。さらに、自動車の排ガス規制が強化されたことで、燃費の良い自動車の需要が高まり、市場に成長機会をもたらすと考えられます。自動車業界の自動化・デジタル化に伴い、高度な機能や接続性を備えたEVの需要が高まっています。一方、EVの資本コストの高さや部品故障のリスクが、EV用アクチュエーター市場の成長を制限する可能性があります。

インダストリー4.0やモノのインターネットIoT)の登場により、これらの技術は自動車業界全体で徐々に主流になりつつあります。電気自動車(EV)の普及は、IoTの導入と統合を促進しています。一方で、自動車との連携やコネクテッドビークルアプリケーションにおけるデータ統合の問題は、市場に参入している企業にとり、課題となっています。さらに、自動車用電動アクチュエーター市場は競争が激しく、市場を占有する大手プレーヤーが存在しています。これらの大手プレーヤーは、EVへのIoTの統合をさらにサポートしています。したがって、アクチュエーター、電子制御ユニット(ECU)、センサー間で正確にデータを共有するため、内部ネットワークや車内接続においてIoTの統合がますます重要になっています。しかし、新興国ではEVのデータソースや充電ステーションネットワークの整備が整っておらず、市場の成長を妨げる要因となっています。

2020年のEV用アクチュエーター市場では、APAC(アジア太平洋地域)が圧倒的なシェアを占めています。APACでは、プレミアムカー、セダンSUVが広く普及しており、市場シェアを牽引する要因となっています。地域の主要メーカーは、顧客からの新たな要求に応えるために、電動アクチュエーターを搭載する傾向にあります。さらに、APAC諸国では、自動車生産台数の増加、EVの需要の高まり、低コストで高効率な製品への要望などから、EV用アクチュエーター市場の需要が高まっています。

COVID-19パンデミックEV用アクチュエータ市場に与える影響

COVID-19の発生は、EV用アクチュエーターのハードウェア部品を含む電子機器のサプライチェーンと製造に深刻な影響を与えています。業界の専門家は、パンデミックの影響で、電子機器のサプライチェーンは、少なく見積もっても4分の1の遅れが生じるだろうと分析しています。この混乱は、2021年半ばまで続くと予想されています。しかし、2021年以降は、EV用アクチュエーターのハードウェア部品を含む電子機器・自動車の生産量は回復すると予想されています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1004643-electric-vehicle-actuator-market-forecast-covid.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-01029:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-maildbm@gii.co.jp
URLhttps://www.gii.co.jp

株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディンカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービスhttps://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ