Research Nester Private Limitedは調査レポート「コンパニオンアニマル診断市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年2021年08月 11日 に発刊しました。コンパニオンアニマル診断市場は、 2021 ー2029 年予測期間中に適度な CAGR で成長すると推定されています。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3008

市場の成長を牽引すると推定されている主な要因は、コンパニオン アニマルの人口の増加です。市場の急上昇は、ペット保険の需要の高まりや、世界の先進国での獣医の数の増加などの要因にも予測できます。さらに、ポイント オブ ケア サービスのための迅速なテストとポータブル機器の需要の高まりは、市場の成長を推進すると予想されます。米国での研究によると、2019 年に約 5,997,019 匹の犬がライム病の検査を受け、その中で10,206 匹が陽性でした (20 匹に 1 匹の約 5.17%)。


調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/companion-animal-diagnostics-market/3008

市場セグメンテーション概要













北米の市場は、ペットの養子縁組の増加と動物の健康に関する意識の高まりにより、予測期間中に市場を支配すると予想されます。一方、アジア太平洋地域の市場は、動物医療インフラストラクチャの成長により、今後の成長が見込まれています。これは、地域全体の市場成長に貢献する主要な要因の 1 つです。さらに、効果的な治療法の需要の高まりと革新的なデバイスの開発への投資の増加により、今後の予測期間中に市場成長の機会が生まれました。

コンパニオンアニマル診断市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
主要企業

コンパニオンアニマル診断市場における業界のリーダーには Idexx、BIONOTE Co、Zoetis、RxList Inc、Heska Corporation.、Randox Laboratories, Ltd、Thermo Fisher Scientific Inc.、INDICAL Bioscience GmbH、Virbac、Scil Animal Care Company GmbHなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3008

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの詳細内容について】https://www.researchnester.com/reports/companion-animal-diagnostics-market/3008

配信元企業:LAMORI PRIVATE LIMITED

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ