禁断症状を払拭してくれる運動の爽快感


紙巻きたばこにはニコチンが含まれている。たばこを燃やさない加熱式たばこにも含有されています。けむりが立たずに副流煙が発生しないから、たばこを吸わない人に害を与えないといっても、吸う本人はしっかり不健康の素を吸引しているのです。その他に電子タバコがあります。まだ規制されていない国があり、将来喫煙者になる可能性が高いというWHOの報告がある。(※1)有害なニコチンを摂取してしまうリスクを無くして欲しい。

厄介なのはニコチンには発がん性だけでなく、依存性もあることです。(※2)

たばこを止めることができない要因のひとつです。今年10月1日からたばこ税増税に伴い、たばこが値上がりします。

常用癖が納税に加担することになる。なんかしっくり来ないと思いませんか?

【関連記事】「喫煙」による金銭と時間の浪費について

人が依存症に陥るのは人間の本質が絡んでいるからだと思う。それは快楽を取り上げられた時の喪失感に耐えることができても、不快を我慢し続けることができないということ。たばこを吸わないでいるとイライラが募り、それが不快と感じて来る。だけど愛煙家は喫煙でリラックスすると思っているようですが、それはまやかしに過ぎず、結局安心に逃避することはできないのです。


今から20年ほど前までは私も喫煙者だった。その頃、ちょっと一服しながらの雑談で仕事上の思い付きが湧いて来ると、たばこを止めない都合のよい言い訳していました。けど今は違います。課題解決の糸口やちょっとしたひらめきに、たばこを吸うという行為はいらないと結論付けているから。この悟りの境地に立てたのは、からだの中から依存性のあるニコチンが完全に抜けたからなのかも知れません。

だったらそのニコチンを体内から抜くにはどうしたらよいのでしょうか?西東京市Webによるとニコチンは72時間で抜けて呼吸も楽になるという。けどニコチンが切れてきて辛くなる。不快が続くために、前述した欲に対する本質が顔を出して、たばこに手が伸びてしまう。辛さを紛らすために、香水を使って嫌な臭いを覆い隠すようなやり口ではダメだと思う。不快の素を根絶したことになりません。

そこで私がオススメする禁断症状の解消法は、辛くなった時の「運動」です!

運動体験コラム集でも紹介しているジョギングは如何でしょうか!?

いきなりのジョギングはハードルが高いとお思いでしたら、ウォーキング運動でも良いでしょう。運動で汗を掻くと、いかにたばこの臭いが、その場の清々しさにマッチしないかが分かりますよ。
在宅勤務テレワーク)によって通勤に要した時間を、健康に良い試みに転用してみるのもよろしいのでは。

ちなみに私はいろいろなジョギングの恩恵を受けています。その中でひとつ面白い発見があります。それは口内炎の治癒に有効ではないか?と実感したことです。

みなさんも経験されている通り、口内炎は目の覚めるような鋭い痛みに悩まされますよね。ところが単なる偶然なのかも知れませんが、2時間ほどジョギングした後って、口内炎の痛みが無くなって炎症の程度が沈静化しているんですよね。何回か同じリカバリーを経験しているのです。運動の抗炎症効果なのかも知れません。

【参考】
(※1)2021年7月28日 読売新聞 社会面
(※2)健検テキスト増補改訂版 喫煙は最大の死亡要因

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】「喫煙」による金銭と時間の浪費について

株式会社SOily 代表取締役 岡本 頼幸

岡本 頼幸

幼少時代から生命の不思議に取り付かれてきました。
生体の分化発生の不思議を研究 ~ 免疫検査を通しての患者様への想い ~ 医療・健康機器のユーザー様から頂いた奉仕の心・・・。
これらのことから医療・健康の大切さを、長年にわたって実感して参りました。
今、予防医療というポピュレーションストラテジーが重要になっています。
更に「競技スポーツ」に「健康スポーツ」という親しみ易い概念も取り入れようとしています。
みなさまが人生の目的を達成するために大切な、「健康」についてのトレヴィアをお届けしたいと思っています。
みなさまの目となり耳となりそして足となって得た豆知識を、私の経験を交えてできるだけ分かり易くお伝えできれば幸いです。

ニコチンの依存性を振り払う方法