日本中が熱狂した東京オリンピックが閉幕。厳しい情勢の中でも戦う選手たちの熱い姿に胸をうたれ、スポーツの持つ力の大きさを改めて感じた。

そんな「スポーツの力」は、今や様々なところで発揮されている。その一つが、「介護」の場だ。

全国で約340施設の介護事業を主軸として、宅食事業、飲食事業、ホテル事業などを展開している、株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ(以下、ユニマットRC)は、「イマドキシニア」に向けた、介護とスポーツを組み合わせた事業を展開している。

なぜ、それまで介護を主としてい企業が、スポーツ市場参入に至ったのか。そこには、介護事業を手掛けてきたユニマットUCならではの思いが込められていた。

・今すぐ読みたい→
その症状、肝機能低下のサインかも!「肝臓」と「疲れ」のつながりについて https://cocokara-next.com/fitness/signs-of-decreased-liver-function/

フレイルや認知症の予防・改善で重要な3本柱に関連するのが「スポーツ」


ユニマットRCでは、現在のお客様は、戦前生まれの方が中心。だが、今後は主に 1950 年代生まれの高齢者で、高度経済成長期における豊かな生活のなか、テレビなどの娯楽、スポーツなどが身近な存在となり、個性豊かな価値観をもちながら過ごしてきた世代「イマドキシニア」が主な利用者になる。それを見据え、「イマドキシニア」のための介護サービスの開発は急務であるとの課題意識をもっていたという。

元々、ユニマットRCの介護は、介護サービス本来の目的「自立支援」における利用者(シニア)の「できるを増やす」ことを日々のミッションとしている。自立支援は、単に利用者の心身の状況を整えるだけではなく、利用者を取巻く生活環境、地域社会を暮らしやすいものに整備していくことにより、実現される。利用者のからだ作り、フレイル(要介護になる手前の、「虚弱」の状態)や認知症の予防・改善は、自立支援における最も重要なポイントなのだ。

そのフレイルや認知症の予防・改善で重要な3本柱となるのは、食事・運動・社会参加。この3つに関連するアクテビティは何か。そのカタチの一つとして、ユニマットRCの出したものが、スポーツだった。

スポーツのチカラを採り入れたら、利用者の『運動』をさらにパワーアップできるのでは?」「アスリートの強さの秘訣を採り入れれば、『食事』も高齢者のからだ作り、フレイル予防に一層役立つものにしていけるのでは?」「シニアの『社会参加』をさらにバックアップできるのでは?」との仮説のもと、「イマドキシニア」プロジェクトの第1弾として、スポーツ事業に参入することを決めたのだ。

スポーツは、高度経済成長期を背景とした豊かな生活・文化背景で、家族レジャー、キャンパスライフを過ごし、スポーツにも親しんでこられた「イマドキシニア」の楽しみ・娯楽といった観点でも、これからの介護サービスにさらに取り入れていくべきコンテンツだと考えているという。

「スポンサー」になる以外で、スポーツ事業に参入できる方策

では、どのような形でスポーツ事業に参入するか。

ユニマットRCのように、異業種からスポーツ事業に参入する方法はいくつか考えられるが、その一つとして挙げたのが「スポーツチーム・選手のスポンサー(資金提供者)になる」ことだった。だが、選手・チームと利用者の双方にとってメリットがある取組を目指すにあたっては、単純にスポーツチーム・選手のスポンサーになることではこれらは得られない可能性がある。では、どうすれば、利用者にとっても付加価値あるサービスを生み出すことができるのかという視点から「スポンサー」になること以外で、スポーツ事業に参入できる方策を考える次第となった。

スポーツ事業参入の検討を始めた当初は、素人のユニマットRCが「スポンサー」以外の方策を見出すのは難しいように思われた。

そこで、まずはスポーツ・選手の課題やニーズをリサーチするところから始めた。スポーツ領域の公的団体などによる調査研究の分析、行政等が実施するセミナーの受講、スポーツ関係者によるヒアリングを重ねた結果、「栄養」「練習環境」「金銭(協議と就労の両立支援)」「セカンドキャリア」などが、スポーツチーム・選手を取巻く主な課題であると認識するに至ったのだ。

ユニマットRCの経営資源は「管理栄養士監修の食」「全国約340の施設」「様々な資格や経験、役割を有する、全国およそ1万人の従業員」など。これらの誇るべき経営資源が、チーム・選手の課題である「栄養」「練習環境」などの解決に役立つものであると思い至った。そこで、「オフィシャルサプライヤー契約」によりスポーツチームとの協業を行い、スポーツ事業への参入を目指すことにしたという。

数々の課題やニーズ分析を経て、今年からスポーツチームと「オフィシャルサプライヤー契約」を締結したユニマットRC。次編は、そのチームと締結に至った経緯や現状、そして今後の展望についてお伝えする。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
その症状、肝機能低下のサインかも!「肝臓」と「疲れ」のつながりについて ​https://cocokara-next.com/fitness/signs-of-decreased-liver-function/

介護の場で発揮される「スポーツの力」介護事業を手掛ける企業がスポーツ業界に参入