ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5のシステムソフトウェアベータテストを開始し、待望のM.2 SSD対応を含む無数の変更を含む最新システムソフトウェアを公開した。なお、正式リリース2021年後半を予定している。
 電ファミ編集部では本テストに参加し、新しいシステムソフトウェアを一足先に体験できたので、とりわけ大きな変更点となる部分を中心にお伝えしよう。

PS5
(画像はPlayStation.blogより)

 大きな変更点はもちろん転送速度が格段に早くなった新規格・M.2 SSDへの対応だ。PS5に対応するSSDの要件や取り付け方法についてはこちらの記事を参照されたい。

PS5の「M.2 SSD」によるストレージ容量拡張手順が公開。USBとは異なりM.2 SSDストレージに保存されたゲームを直接プレイ、ダウンロード、アップデートすることが可能

 

 ほかにも、これまでヘッドフォンにしか対応していなかった「3Dオーディオ」がテレビスピーカーにも対応。

 また、ユーザーインターフェース(UI)にも無数の改善が加えられた。UIの見た目自体はあまり変わらないが、PSボタンを押すと表示されるコントロールセンターアイコンを並べ替えられたり、取得していないトロフィーを追跡できるトロフィートラッカー」が追加されたりと、使い勝手の上昇や新機能が追加されている。

 トロフィートラッカーは、前述の通り取得していないトロフィーを最大5つまで登録できる。さらに、その内容はカードとしてゲーム画面の隣に表示することが可能だ。
 すこし想像しにくいかもしれないが、下記のスクリーンショットの通り「本当にゲーム画面の隣に表示する」というなかなか力技な配置も可能だ。トロフィー取得を楽しむプレイヤーには特におすすめの機能かもしれない。

PS5の新機能・トロフィートラッカー
PS5の新機能・トロフィートラッカー

 なお、すべての変更点は以下の通り。一足先に試してみたい新機能があれば、こちらのページからベータテストに参加してみるといいだろう。

PlayStation 5システムソフトウェアのベータプログラムへの参加登録はこちら

PlayStation 5 システムソフトウェア・ベータプログラムでの変更点一覧

■M.2 SSDを拡張スロットに装着して、M.2 SSDストレージとして利用できるようになりました。M.2 SSDストレージには、PS5の本体ストレージと同様に、PS5ゲームアプリPS4ゲームアプリインストールしてプレイできます。
・PCIe 4.0以降で容量が250GB以上4TB以下のM.2 SSDを利用できます。
・M.2 SSDの取り付けおよび取り外しは、PS5の電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いた状態で行ってください。
・M.2 SSDをM.2 SSDストレージとして使用するには、PS5の電源を切った状態で、M.2 SSDを拡張スロットに装着してください。M.2 SSDを装着してPS5の電源を入れ、M.2 SSDを初期化すると、M.2 SSDストレージが利用できるよ うになります。
・すでに本体ストレージもしくはUSB拡張ストレージにインストール済みのPS5/PS4ゲームをM.2 SSDストレージに移動するには、ゲームライブラリーへ移動してオプションボタンを選択し、[ゲームアプリを移動]を選択します。 移動するゲームを選択して[移動]を選んでください。
ゲームアプリの既定のインストール先をM.2ストレージにするには、[設定]>[ストレージ]→[インストール先]を選び、[PS5ゲームアプリ]または[PS4ゲームアプリ]のインストール先に[M.2 SSDストレージ]を選んでください。

テレビスピーカーで3Dオーディオを楽しめるようになりました。
テレビの3Dオーディオを有効にするには、[設定]> [サウンド]> [音声出力]を選び、[テレビスピーカーで3Dオーディオを出力]をオンにします。
DualSenseワイヤレスコントローラーマイクを使って、部屋の音響特性を測定すれば、あなたの部屋に適した3Dオーディオ設定を反映させることができます。

ゲームホーム画面で以下の変更を行いました。
プラットホームの異なる同じゲームインストールされている場合、そのゲームプラットホームごとに別々に表示されるようになりました。
・同じゲームの異なるバージョンが見やすくなりました。また、ゲームのプラットフォーム(PS5PS4など)がアイコンで表示されるようになりました。

ライブラリーで以下の変更を行いました。
ゲームライブラリーを選択した時に、最初に[インストール済み]タブが表示されるようになりました。ホーム画面に表示されていないゲームが見つけやすくなり、メディアギャラリーにもアクセスしやすくなりました。
・[インストール済み]タブでは、ゲームにプラットフォーム(PS5PS4など)が表示されるようになりました。また、ゲームホームと同じく、プラットフォームの異なる同じゲームが別々に表示されるようになりました。
・[あなたのコレクション]タブで、複数のバージョンプレイ可能なゲームでは、利用可能なバージョンの数が数字で表示されるようになりました。
ゲームを非表示にする操作がすばやく完了するようになりました。

ゲームベースで以下の変更を行いました。
ゲームベースコントロールメニューで、以下のことができるようになりました。
コントロールセンターゲームベースコントロールメニューから、パーティーテキストチャットアクセスしたり、メッセージを送信したりできるようになりました。
パーティーオーナーが、パーティーを削除できるようになりました。ゲームベースコントロールメニューで削除したいパーティーを選んでから、(その他)のメニューで[パーティーを削除]を選んでください。パーティーを削除すると、すべてのメンバーからもパーティーが削除されます。

■[フレンド]タブで、オンラインフレンド、取り込み中のフレンド、オフラインフレンドの数がわかるようになりました。
フレンドリクエストをまとめて許可、拒否およびキャンセルできるようになりました。[フレンドリクエスト]タブにある(複数を選択)メニューで、[受け取ったリクエスト]または[送ったリクエスト]を選んでください。

トロフィーで以下の変更を行いました。
コントロールセンタートロフィートラッカーが追加され、1つのゲームにつき最大5個のトロフィートラックできるようになりました。
トロフィーのトラッキングを開始するには、トロフィーを選択して[トラックを開始]を選びます。
ゲームプレイ中に、トロフィートラッカーに追加したトロフィーの情報にすばやくアクセスできます。
トロフィートラッカーカードサイド表示にしておけば、ゲームプレイ中にトロフィー情報を常に表示できます。
トロフィーリストで、トロフィーの横並び表示を縦並びに変更しました。トロフィーを選択しなくても、より多くのトロフィー情報が把握できるようになりました。

コントロールセンターで以下の変更を行いました。
コントロールセンターをより自由にカスタマイズできるようになりました。表示/非表示できるコントロールが増え、順番の入れ替えもできるようになりました。
コントロールセンターを初めて表示した時に、主な機能の説明が表示されるようになりました。

■アクセシビリティの音声読み上げが有効のときに、次の操作が可能になりました。
・読み上げ中にPSボタンと△ボタンを同時に押すと、音声読み上げが一時停止します。もう一度PSボタンと△ボタンを同時に押すと、音声読み上げを再開します。
・PSボタンとR1ボタンを同時に押すと、もう一度読み上げます。

■更新されたその他の機能
・拍手の種類に[リーダー]が追加されました。計画を立てて戦略的に動き、他のプレーヤーを鼓舞するプレーヤーを称える拍手です。オンライン対戦の後で、他のプレーヤーの行動を称えるために、リーダーなどの拍手を送ることができます。プレーヤーに送られた拍手は、プレーヤープロフィール画面に表示されます。

■PlayStation Nowで以下の変更を行いました。
ストリーミング接続のテストを行い、インターネット接続に問題があるかどうかを確認できるようになりました。
ストリーミングの最大解像度を選択して、画像と動作の品質を最適化できるようになりました。
PlayStation Nowゲームライブラリーから削除されることになった場合に、削除予定のゲームと削除予定日がゲームハブに表示されるようになりました。別のゲームに移行する予定を立てたり、そのゲームを時間いっぱいまで楽しめます。

■PS5ゲームのチャレンジプレイして、自己ベストタイムや得点を記録したときに、そのプレイを自動的にビデオクリップに保存できるようになりました。
・このビデオクリップコントロールセンターのチャレンジカードですぐにシェアすることも、メディアギャラリーで後からシェアすることもできます。
・自動キャプチャーの設定は、[設定]>[キャプチャーブロードキャスト]>[自動でキャプチャー]>[チャレンジ]で変更できます。

■あなたが参加できるゲームフレンドが参加していることを、コントロールセンターで確認できます。
・これまでは、新しくフレンドになったプレーヤーについて確認できるようになるまで1日かかっていましたが、この時間が大幅に短縮されました。
フレンドPlayStation Nowストリーミングゲームプレイしている場合にも、通知されるようになりました。

■ペアレンタルコントロール機能で以下の通知を追加しました。
・お子様がゲームプレイするリクエストや特定のゲームコミュニケーション機能を使うことをリクエストしたとき、保護者の方はPS5本体やPlayStation Appで通知を受け取れるようになりました。
・保護者の方がお子様からのリクエストを許可または拒否したとき、およびゲームプレイする許可や特定のゲームコミュニケーション機能を使う許可を取り消したときに、そのことがお子様にも通知されるようになりました。

メディアギャラリーで、スクリーンショットに文字を追加した時に、選べるフォントの種類が増えました。

クリエイトメニューで利用できる機能で、以下の変更を行いました。
ビデオクリップの録画を開始した時に、録画開始から3秒後に録画中アイコンと経過時間が非表示になり、必要に応じて再表示されるようになりました。
・直前のゲームプレイビデオクリップに保存する時に、選択できるビデオクリップの長さの種類が増えました。スクリーンショットを保存した時に表示される通知を、表示するかしないか選べるようになりました。[設定]>[キャプチャーブロードキャスト]>[クリエイトボタンショートカット]を選んで、[スクリーンショットの保存を通知]を有効または無効にすることで設定できます。

PlayStationおよびソニーグループからの新製品や割引などのお得な情報を、PS5の画面またはEメールで受け取るかどうかを選べるようになりました。[設定]>[ユーザーアカウント]>[アカウント]>[PlayStationからのお知らせ]で設定できます。

■(お知らせ)で、以下の変更を行いました。
ビデオを含むお知らせが表示された時に、ビデオを再生開始できるようになりました。コントロールセンターの[お知らせ]のリストからもビデオを再生開始できます。
・お知らせを表示するときの通知サウンドをオフにできるようになりました。[設定]>[お知らせ]を選び、[サウンドを鳴らす]をオフにします。

PS5ログインした後、マイクが利用できる周辺機器が接続されている場合に、そのマイクが消音状態かどうかが表示されるようになりました。
ネットワークへの接続および接続解除、インターネット接続設定の画面が改善され、より使いやすくなりました。
ヘッドホンの3Dオーディオを設定する時に、サンプルサウンドの音源を左右に動かせるようになり、より適切なタイプを選びやすくなりました。[設定]>[サウンド]→[音声出力]>[3Dオーディオを調整]で設定できます。
ヘッドホンの3Dオーディオを有効にした時の、一部のゲーム音声の品質を改善しました。
コントロールセンターの4)(サウンドコントロールで、PULSE 3DワイヤレスヘッドセットオーディオEQ機能を設定できるようになりました。多数のプリセットからEQプロフィールを選択できます。

・他のプレーヤーブロックした時に、あなたとそのプレーヤーだけのパーティーを退出するオプションが追加されました。別のプレーヤーがいるパーティーでは退出しません。
ブロードキャスト中に、マイク音声とパーティー音声をブロードキャストに含めるかどうかを設定するコントロールがふたつ追加されました。また、ビデオクリップに対して同じ設定をするコントロールもふたつ追加されました。

DualSenseワイヤレスコントローラーデバイスソフトウェアを更新し、動作の安定性を改善しました。
・より新しいバージョンDualSenseワイヤレスコントローラーデバイスソフトウェアが提供されている場合に、[設定]>[周辺機器]>[コントローラー]>[ワイヤレスコントローラーデバイスソフトウェア]を選択して、コントローラーを更新できるようになりました。

PlayStation 5システムソフトウェアのベータプログラムへの参加登録はこちら