IT・デジタルコンテンツ業界の各分野で活躍するスペシャリストを育成する専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)のゲーム学部の学生チームが、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催するゲームクリエイター登竜門日本ゲーム大賞 2021アマチュア部門』にて最終審査に進出しました。

今年は総応募数493点の中から最終審査に進む12作品が選ばれ、そのうちなんと10作品がHALの学生チームによる作品となりました。また、一次審査を通過した99作品のうち4割以上を占める、41作品がHALの学生チームによる作品となり、学生たちの圧倒的な実力を示す結果となりました。

日本ゲーム大賞2021 アマチュア部門 最終審査進出作品(タイトル50音順)
※一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会プレスリリースより
HALは『日本ゲーム大賞』受賞実績No.1
日本ゲーム大賞』の中でもアマチュア部門は、全国の大学・専門学校などの“アマチュアクリエイターたちがオリジナル作品で競い合う、ゲームクリエイター登竜門HALは『日本ゲーム大賞』としてコンテストが始まって以来、「最多7回の大賞」&「14年連続受賞」の受賞実績を持つNo.1校です。今年も日本記録更新に期待がかかります。※HAL東京・HAL大阪・HAL名古屋の実績
直近10年の受賞実績&受賞学生の進路
専門学校 HAL https://www.hal.ac.jp/
専門学校HALは、東京・大阪・名古屋ターミナル駅前に校舎を構え、ゲーム・CG・ミュージック・カーデザイン・ITまで、デザイン・IT・デジタルコンテンツ分野の即戦力を育成している専門学校。専門教育の理想とされる「産学連携」を追究し、第一線のプロによる直接指導、企業からの依頼で学生が取り組むケーススタディ、プロも認めたソフトハードを導入。「創造力教育」を根幹とし、初心者でもプロのノウハウが身につき、プロ就職の確かな実績を上げています。

特にゲーム分野では、任天堂マイクロソフトをはじめとした業界との教育提携、次代のニーズを先取りしたカリキュラム開発、第一線で活躍してきた豊富な経験を持つ指導陣によって、ゲーム業界のプロも認める実践教育を行っています。その成果は、任天堂スクウェア・エニックスカプコン、セガをはじめとする大手ゲーム企業に、多数の卒業生を輩出する実績に表れています。

★[2022年4月入学]AOエントリー受付中!
ゲーム分野の学びを体験できるオープンキャンパスは毎月開催。
見学・説明、オンライン入学相談は毎日実施しています。詳しくは各校WEBサイトを確認ください。

配信元企業:学校法人 日本教育財団

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ