2021年8月11日公開(集計期間:2021年8月2日8月8日)の総合アルバム・チャート“HOT Albums”で、BiSHの『GOiNG TO DESTRUCTiON』が総合首位を獲得した。

 本作はBiSHにとって約2年1か月ぶりとなるフル・アルバムで、そのCDセールスは46,144枚を売り上げて同指標1位を記録している。そのほかダウンロード数は2,363DLで2位、ルックアップは3位と、すべての指標でトップ3入りして総合首位となった。BiSH2020年7月29日公開(集計期間:2020年7月20日7月26日)の本チャートで3.5thアルバムの『LETTERS』が首位を獲得していたが、そこからおよそ1年ぶりの総合首位となる。

 総合2位にはBLACKPINKの『THE ALBUM』がチャートイン。2020年10月に韓国でリリースされた1stフル・アルバムの日本盤がリリースされ、42週ぶりのトップ10入りとなった。CDセールスは29,097枚で2位、ダウンロードは626DLで7位を記録している。そして総合3位には、ヒップホップアーティストのZORN『925』がチャートイン。7,625DLを売り上げて当週のダウンロード指標では1位を記録している。

 そのほかトップ10にチャートインしているのは、Hump Backの2年ぶり2ndフル・アルバム『ACHATTER』(総合4位)、ドラマハコヅメ~たたかう!交番女子~』の主題歌Ordinary」を表題曲としたmiletの『Ordinary days』(総合5位)、コブクロの10thアルバムStar Made』(総合6位)、THE BEAT GARDEN3rdアルバム『余光』(総合7位)の計4作品。『ACHATTER』はCDセールス5位、ダウンロード5位、ルックアップ8位と3指標すべてでトップ10入りと、バランスよくポイントを獲得している。

 トップ10圏外の動きでは、大滝詠一の『A LONG VACATION』が前週54位から当週11位に大きく上昇している。3月に発売40年を記念してリリースされた『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』が、8月4日アナログレコードアンコールプレスとして発売されたことが影響として考えられる。


◎【HOT Albums】トップ10
1位『GOiNG TO DESTRUCTiON』BiSH
2位『THE ALBUMBLACKPINK
3位『925』ZORN
4位『ACHATTER』Hump Back
5位『Ordinary daysmilet
6位『Star Made』コブクロ
7位『余光』THE BEAT GARDEN
8位『BTS, THE BESTBTS
9位『Your ChoiceSEVENTEEN
10位『共感』D.O.

【ビルボード】BiSH『GOiNG TO DESTRUCTiON』が総合アルバム首位 BLACKPINK/ZORNが続く