12日(木)日中は、九州で局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがあります。その他の西日本も、日本海側を中心に雨脚の強まる時間があるでしょう。12日夕方までに予想される雨量は、多い所で、九州北部・南部で200ミリ、近畿で150ミリ、四国で120ミリ、中国地方100ミリとなっています。東日本でも雨の降り出す所が多く、東京は午後から傘が必要となりそうです。

前線が日本付近に停滞する影響で、13日(金)にかけても西日本を中心に大雨となるでしょう。九州北部や中国、四国の一部では、先日の台風9号による大雨の影響で地盤の緩んでいる所があり、災害に結び付きやすい状況が続くため、今後の雨の降り方にさらに警戒が必要となりそうです。なお、前線は週末以降も日本付近に停滞しやすく、西日本でいちだんと雨量が増えるおそれがあり、東・北日本でも大雨となる所がありそうです。

気象予報士・高橋 和也)

12日の天気予報。