スタイリッシュデザイン、画面占有率約87%という大画面フルビューディスプレイ、ハイレベルスピードパワー

そんな特長でこの夏に登場した15インチノートパソコンHUAWEI MateBook D 15」は、どこが進化し、ユーザに支持されているか。

この夏登場したこの HUAWEI MateBook D 15 は、第11世代インテル Core i5モデルと第10世代i3モデルの2モデル展開。

OSは Windows 10 HOME 64ビット、メモリ8GBは共通で、Core i5モデルSSD 512GB、i3モデルSSD 256GB という構成だ。

動画やクリエイティブ作業に没頭できる大画面フルビューディスプレイ

まず目に飛び込んでくるのは、モニター画面占有率の高さ。HUAWEI MateBook D 15 は、ベゼル(額縁)を狭めた設計で約87%という画面占有率を実現。

解像度は1920×1080のフルHDアスペクト比16:9ワイドスクリーンで、動画やクリエイティブ作業に没頭できる。

またIPS液晶178度という広い視野角もうれしい、みんなで動画をみるときなども、どの角度からみても黒つぶれすることがない。

さらに強い処理能力、指紋認証一体型電源ボタンやポップアップカメラも搭載

CPUは、最新第11世代のインテル Core i5を搭載し、パフォーマンス・処理力が進化。インテルの新設計 Iris Xeグラフィックスとも相まって、性能が格段に向上。

また作業量にあわせて、もう一段のパワーがほしいときにファンクション+P キーをプッシュすると、パフォーマンスモードに切り替えられる。

さらにセキュリティ機能も拡充。指紋認証一体型電源ボタンは、ワンプッシュするだけですばやくログイン・起動してくれる。

またファーウェイノートPCで好評のポップアップカメラも搭載。オンラインミーティングなどの必要なときだけカメラポップアップさせることで、うっかりカメラ閉じ忘れなどを防止してくれる。

そして気になるバッテリー持ち時間は、第11世代インテル Core i5モデルが約9.1時間、第10世代i3モデルは約10.7時間。

仕事場や学校で、テレワーク空間で、一日ずっといっしょにさくさく動いてくれるパートナーでいてくれる―――。

この夏、ファーウェイの多彩な商品展開に注目!

―――ファーウェイジャパンはこの夏、ノートPCHUAWEI MateBook X Pro 2021」「HUAWEI MateBook D 15 2021」、タブレットHUAWEI MatePad 11」、ウェアラブル「HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II」、ワイヤレスイヤホンHUAWEI FreeBuds 4」、ディスプレイHUAWEI MateView GT」など、幅広くラインナップ中。あわせてチェックしてみて。

HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II
https://consumer.huawei.com/jp/wearables/gentle-monster-eyewear2/

HUAWEI MateBook X Pro 2021
https://consumer.huawei.com/jp/laptops/matebook-x-pro-2021/

HUAWEI MateBook D 15 2021
https://consumer.huawei.com/jp/laptops/matebook-d-15-2021/

HUAWEI MatePad 11
https://consumer.huawei.com/jp/tablets/matepad-11/

HUAWEI FreeBuds 4
https://consumer.huawei.com/jp/audio/freebuds4/

HUAWEI MateView GT
https://consumer.huawei.com/jp/monitors/mateview-gt/