アート集団チームラボは、来場者が描いた魚たちが、世界中のチームラボの展覧会場の“海”を回遊し、都市と都市をつなげる新たな体験を公開しました。作品《スケッチオーシャン》で、来場者が紙に魚の絵を描くと、描いた魚が目の前の海で泳ぎだし、人の動きにインタラクティブに反応します。中でもマグロは、ミュージアムの物理的な空間を超えて、世界の他の場所で行われている展覧会へと泳いでいき、他都市で描かれたマグロの群れを引き連れて帰ってきます。この度つながったのは、東京・サンフランシスコ・上海で、今後も他の都市がつながり、境界なく連続する1つの世界を創りだします。

スケッチオーシャン》は、人々が他者と共に自ら何かを創ることによって、作品ができていきます。そして、人々が新たに創り続けることによって、作品世界は延々と変わっていきます。チームラボのアートコンセプトのひとつである、「Relationships Among People:人々の関係性を変化させ、他者の存在をポジティブな存在に変える」可能性にフォーカスを当てて、往々にして個人的になりがちな創造的な活動を、他者と互いに自由なまま、共創的な活動に変えることができるのではないかとチームラボは考えています。

スケッチオーシャン》に加え、作品《世界とつながったお絵かき水族館》のマグロたちも、同様に世界中の展覧会を回遊します。《スケッチオーシャン》は、カリフォルニアサンフランシスコアジア美術館の新館オープニング展「teamLab: Continuity」および、上海・黄浦滨江のミュージアムteamLab Borderless Shanghai」に、また《世界とつながったお絵かき水族館》は、東京・お台場ミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアムエプソン チームラボボーダレス」に展示されています。

スケッチオーシャン作品詳細: https://www.teamlab.art/jp/w/sketch_ocean/


チームラボボーダレス(東京・お台場): https://borderless.teamlab.art/jp/
teamLab: Continuity(サンフランシスコアジア美術館): https://www.teamlab.art/jp/e/asianart/
teamLab Borderless Shanghai(上海・黄浦滨江): https://borderless.teamlab.art/shanghai/jp/

【作品詳細】
スケッチオーシャン / Sketch Ocean

teamLab, 2020-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab
作品: https://www.teamlab.art/jp/w/sketch_ocean/
作品動画: https://youtu.be/13gIPfWXpRM

この海は、みんなが描いた魚たちが泳ぐ海です。

紙に自由に魚の絵を描きます。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の海でみんなが描いた魚と共に泳ぎだします。泳いでいる魚は触れることもでき、触れられた魚は、いっせいに逃げだします。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできます。

魚たちは部屋を出て、他の作品の境界を越えてミュージアムの中を泳ぎ始めます。

中でも、マグロは、ミュージアムの物理空間を超えて、世界の他の場所で行われている展覧会の《スケッチオーシャン》や《世界とつながったお絵かき水族館》の海まで泳いでいきます。また、世界の他の場所で今描かれたマグロが、目の前の《スケッチオーシャン》の海の中に泳いで来ることもあります。

<遊び方>
1. 魚の輪郭が描かれた紙にお絵かきします。

2. お絵かきした紙をスキャンします。

3. 魚が海で泳ぎだします。

4. エサ袋にタッチすると、魚がエサのまわりに集まってきます。

5. 時には、魚たちは部屋を出て、他の作品の境界を越えミュージアムの中を泳ぎ始めます。

6. マグロは、ミュージアムの物理空間を超えて、世界の他の場所で行われている展覧会の《スケッチオーシャン》や《世界とつながったお絵かき水族館》の海まで泳いでいきます。

7. 他の展覧会の海を泳いだマグロは、しばらくすると戻ってきます。

8. 世界の他の展覧会で描かれたマグロが、目の前の「スケッチオーシャン」の海の中に泳いで来ることもあります。

チームラボボーダレス(東京)で描かれたマグロ

teamLab Borderless Shanghai(上海)で描かれたマグロ

teamLab: Continuity(サンフランシスコ)で描かれたマグロ

【展覧会概要】
森ビル デジタルアート ミュージアムエプソン チームラボボーダレス

所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン
会期: 2018.6.21 (木) - 2022.8.31 (水)
http://borderless.teamlab.art/jp
#チームラボボーダレス #teamLabBorderless

teamLab: Continuity
所在地: サンフランシスコアジア美術館(200 Larkin St, San Francisco, CA)
会期: 2021.7.23(金) より長期的に開催
https://www.teamlab.art/jp/e/asianart/
#teamLabContinuity

teamLab Borderless Shanghai
所在地: Unit C-2 No 100, Hua Yuan Gang Road, Huangpu, Shanghai
会期: 2019.11.05 (火) - 常設
https://borderless.teamlab.art/shanghai/jp/
#teamLabBorderless

チームラボ】
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティストプログラマエンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

ニューヨークロンドン、パリ、シンガポールシリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。2022年末まで東京・豊洲に《水に入るミュージアムと花と一体化する庭園》「チームラボ プラネッツ」開催中。2019年上海・黄浦濱江に新ミュージアムteamLab Borderless Shanghai」を開館。2020年6月にマカオに常設展「teamLab SuperNature Macao」ソフトオープン2021年7月16日から九州・武雄温泉・御船山楽園にて「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」開催。

チームラボの作品は、ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコアジア美術館サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクションイスタンブール)、ビクトリア国立美術館メルボルン)、アモスレックス(ヘルシンキ)に収蔵されている。

teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art.

チームラボ: https://www.teamlab.art/jp/
Instagram: https://instagram.com/teamlab/
Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc
Twitter: https://twitter.com/teamLab_news
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART

配信元企業:チームラ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ