日本ハムは11日、中田翔内野手(32)に対して違反行為を行ったとして、統一選手契約書第17条(模範行為)による出場停止処分を科したと発表した。

・今すぐ読みたい→
プロスカウトが語る「ドラフトで1番化けたと感じる選手」とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/professional-scout-talks-about-draft/


 球団によると、中田は8月4日に行われたエキシビションマッチDeNA戦(函館)で同僚の選手1名に暴力行為を行ったとのこと。球団は判明後、試合中に球場からの退場と、自宅謹慎を命じたという。

 その後、球団は中田本人、および暴力行為を受けた選手など、事情を知る選手・スタッフらに対して詳細な調査を実施。該当者である選手からは大事にしたくない旨の申告があり、中田自身も深く反省していたという。だが、それらの諸事情を踏まえても「中田の行為は統一契約書第17条に違反し、野球協約第60条(1)の規定に該当するものと認定」。同選手に対して当面の間、一軍・ファーム全ての試合の出場停止処分を通達したという。

 今回の事件を受けて、日本ハム・川村浩二代表取締役社長兼オーナー代行は以下のコメントを発表した。

 「このたびの中田選手の出場停止処分に際して、ファンの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけしますこと、ご不快な思いをさせますことに、深くお詫び申し上げます。

 暴力はいかなる社会であれ、決して許されるものではありません。ましてや中田選手は球団の主力選手であり、顔であって、全ての選手の模範とならなければならない存在です。中田選手が行った行為は、プロ野球が青少年の健全な育成に寄与し、夢を与えるエンターテイメントでもあることの信頼を著しく傷つけるものです。

 そのため、当球団はこの行為に対して野球協約に則り、厳正な対応をとることとしました。併せまして、暴力は決して許されないことを全ての球団関係者に再徹底し、選手についてはさらなる教育と指導を通じて、コンプライアンスおよびスポーツマンシップの向上を遂げることにより、ファンの皆様の信頼回復に努めてまいります」

 本人がいくら反省の姿勢を見せようと言語同断の事件であることは間違いない。今季の中田はただでさえ、トラブル続きだった。大きく注目を集めたのは開幕直後の4月7日ソフトバンク戦でのこと。5回の三振後にベンチでバットを叩きつけると、ベンチ裏で転倒。右目付近をはらした姿が大きく報じられた。その後も打撃の調子は上がらず、5月17日に「このままではチームに迷惑がかかる」と自ら申し出て登録抹消となった経緯がある。その後、6月8日の阪神戦で一軍復帰となったが、復帰戦で急性腰痛を発症し、再度の抹消となっていた。

 中田は今季39試合の出場で、打率・193、4本塁打、13打点と不振にあえいでいた。

 今回の愚行を球界OBもバッサリだ。「ありえない事件だ。日頃の中田のヤンチャぶりからしても到底考えられないが、とにかくコロナ禍で誰もが我慢を強いられているときにこのような事件を起こすとは・・・。特に今は野球日本代表侍ジャパン金メダルで世の中的にも野球にポジティブな目が向けられていた矢先。これから後半戦も始まり皆で野球界を盛り上げていこうという中で、最悪のタイミングといってもいい。普通に考えてもトレードに放出されるか、飼い殺しでしょう」と断言する。

 いずれにせよ中田にとって復帰への道は容易ではなさそうだ。「トレードで出すにせよ、今やどの親会社もコンプライアンスには厳しく、違法行為、特に今回のような暴力行為はイメージダウンに直結するとあって、ひどく嫌う傾向にある。トレードもまとまらず、出場機会を減らされたまま、このまま引退ということにもなりかねない」(同関係者)と、実質的な「球界追放」という事態もありうるというのだ。

 先月末には第4子となる次男誕生を発表。再起を誓ったばかりだった。すべては身から出たサビとはいえ、重すぎる代償を払うことになりそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

日本ハム・中田、球界追放も!前代未聞の暴力行為で出場停止処分に波紋広がる