ライク株式会社(東京本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡本 泰彦、以下 ライク)のグループ子会社で、保育施設を運営するライクアカデミーは、弁護士や大学教授等保育・子育て支援の専門家を迎え、自社保育施設職員向けの研修動画を制作いたしました。運営する全保育施設に展開し、職員一人ひとりのスキルアップに繋がる機会を提供しております。

研修動画導入の背景
ライクアカデミーでは、以前より研修制度を設け、保育士の入社年次に合わせた研修や主任・園長向けの役職別研修、保育に必要な専門知識や技術を学ぶ専門研修等を実施してまいりました
感染症拡大により集合研修の実施が難しい状況下においても、職員が自身のキャリアを形成する上で絶えず自己研鑽しスキルアップを図れる環境をつくるため、この度の動画制作にいたりました。

■研修動画の概要
弁護士、大学教授、大学講師、保育講演家等、子育て支援や保育の最前線でご活躍されている方々が携わり、これまでに20本以上の動画を制作いたしました。
本社から情報共有システムを通じて、動画を全保育施設に展開することで、職員は自由なタイミングで視聴することが可能です。集合研修のように日時が決まっていないため、柔軟性がありながらも計画的に視聴でき、保育業務への影響を減らすことも期待できます。
また、社外の専門家にコンテンツ制作のご協力をいただいたことで、社内だけでは得られないような、現在の社会背景やトレンドに沿った最新情報の入手が可能となり、より深い保育知識やスキルを身に付けられるようになりました。

コンテンツ内容とご協力いただいた専門家の方々
コンテンツ
理念をもとに保育指針を考える
保育室内の環境設定
学童保育への理解」 等
保育士として培われたご経験を交え、保育の施設・園で働く職員に寄り添った新任研修、職員が必要とする環境や保護者対応、リスクマネジメント等多様な研修を、ユーモアを交えながらお話しいただいております。

コンテンツ
「自身の自己肯定感と向き合う」
子どもの自己肯定感を育むアプローチ
身体表現(ダンス)を通した遊びの展開
「ぎゅぎゅっとハッピー」を合言葉に、楽しい中に心温まる言葉がちりばめられたマインドの研修や、すぐに実践できるダンスや体操など、幅広い分野の研修を行っていただいております。

コンテンツ

子どもと大人のパートナーシップ

弁護士や相談員の活動の中で実際に出会った、虐待等に苦しむ子どもたちのお話しをもとに、
子どもたちの人権を守るため、家庭を支える保育士の役割をお話しいただいております。

コンテンツ

「乳幼児の造形あそび(関わり) 乳児の視覚を知る」
「乳幼児の造形あそび(絵画)描画の発達段階
「乳幼児の造形あそび(感触)保育園だから出来る遊びと繋がり 等
子どもたちの発達や活動の中心である遊びに添い、造形を通した関わりや感触あそび、描画などを年齢別に楽しく分かりやすく、即実践に繋げられる研修を行っていただいております。

研修動画の無料配信
「現役保育士の研修内容が気になる」
「実習がなくなって不安…」
保育士になる前にスキルアップを目指したい」
保育士の採用を行う中で、保育士を目指す学生様からいただくこのような声にお応えし、本研修動画を一部無料配信しております。
ご希望の方は以下URLよりお申込み下さい。
https://job.mynavi.jp/22/pc/corpinfo/displaySeminar/index/?optNo=pZukvC&corpId=94200
保育士を目指す学生様が対象となります。

■今後の展望
現在ライクアカデミーでは、職員の役職や能力に沿った研修動画も制作中です。
今後も、職員にスキルアップの機会を提供し、保育の質向上を目指してまいります。

■会社概要
商号:ライク株式会社
代表者:代表取締役社長 岡本 泰彦
所在地:〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ ウェスト17階
設立:1993年9月
事業内容:子育て支援サービス・総合人材サービス・介護関連サービスを営む事業会社を擁する持株会社
資本金:1,531百万円
URLhttps://www.like-gr.co.jp/

■会社概要
商号:ライクアカデミー株式会社
代表者:代表取締役社長 田中 浩一
所在地:〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ ウェスト17階
設立:1989年12月
事業内容:事業所内保育施設(企業・病院・大学等)の運営を受託する「受託保育サービス」、認可保育園である『にじいろ保育園』をはじめ、学童クラブ・児童館等、様々な形態の保育施設を運営する「公的保育サービス」を提供。
資本金:50百万円
URLhttps://www.like-kn.co.jp/academy/

配信元企業:ライク株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ