詳細画像はこちら

第3世代のパフォーマンスモデル

text:Felix Pageフェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アウディは、第3世代となる新型RS3を英国で発売した。11月の納車に向けて現在注文を受け付けており、価格はスポーツバックが5万900ポンド(約780万円)、セダンが5万1900ポンド(約795万円)となっている。

【画像】新型アウディRS3【ライバル車5台と写真で比較】 全134枚

400psの出力を持ち、専用のドリフトモードを設定できる新しいトルク・スプリッターのおかげで先代モデルよりもダイナミクスが向上している。

詳細画像はこちら
アウディRS3    アウディ

英国では標準仕様を含め4種類の仕様が用意されている。

ブラックカーボン仕上げのパーツを装備した「カーボンブラックパッケージは5万5550ポンド(約850万円)初期限定の「ローンチ・エディション」(英国で96台のみ販売)は、多数の追加装備と最高速度の制限緩和(280km/h)を備えて5万6900ポンド(約870万円)から。最上位の「フォアシュプルング」はほぼすべてのオプションを装備して5万8650ポンド(約900万円)からとなっている。

また、アダプティブ・サスペンショングロスグレー・キャリパー付きセラミックブレーキスポーツエグゾースト、最高速290km/hへの向上など、5000ポンド(約75万円)の「RSダイナミックパッケージオプションで設定されている。

先日、アウディは、新型RS3がニュルブルクリンクの「コンパクトクラスで、ルノーメガーヌRSトロフィーRを0.25秒上回る7分40秒75のラップタイムを記録したと発表した。

記録を樹立したのは開発ドライバーフランク・スティップラーで、アダプティブ・サスペンション、セラミック・ブレーキ、セミスリックタイヤを装着したRS3スポーツバックを駆っていた。

定番ながら優秀なパワートレイン

9年連続でインターナショナルエンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞しているアウディの伝統的な2.5Lターボチャージャー付き5気筒エンジンが、今回の新型車にも搭載されている。

兄弟車であるRS Q3と同様に、最高出力400psを7速DCTを介して両軸アクスルに供給する。ハッチバックセダンともに、停止状態から100km/hまでわずか3.8秒、最高速280km/hに達し、メルセデスAMGの422psのA45 S 4マチックに匹敵する速さだ。

詳細画像はこちら
アウディRS3セダン    アウディ

新型RS3は、先代モデルよりも3kg-m多い51kg-mのトルクを22505600rpmで発生させることで、「低回転域からの加速がさらに速くなった」と謳われている。

さらにアウディは、1-2-4-5-3というユニークシリンダー点火順序がもたらす「比類なきサウンド」を強調している。また、走行モードに応じて回転域の異なるポイントで開く、新しいノイズコントロール・フラップをエグゾーストに装備し、オプションのRSスポーツ・エグゾーストを装着することで、エンジン音を「強化」している。

新技術を投入したシャシー

第3世代のRS3では、従来のリアディファレンシャルに代わり、電子制御式多板クラッチで構成されるトルクスプリッターを新たに採用し、リアアクスルへのパワー配分を改善した。

この新技術は、ハードなコーナリング時のアンダーステアを軽減するだけでなく、RSトルク・リアモードでは、必要に応じて最大18kg-mのトルクをリアホイールに送ることで、「制御されたドリフト」を可能にする。

詳細画像はこちら
アウディRS3    アウディ

シャシーは、RS3専用のバルブシステム、よりレスポンスの良いショックアブソーバー、より正確なステアリングを実現するためのホイールキャンバーの増加、ドライブトレインとサスペンション・コンポーネントの横方向の動きを監視してトルク出力をより適切に調整するモジュラー・ビークルダイナミクス・コントローラー(mVDC)など、先代モデルよりもアップグレードされている。

ブレーキキャリパーを6ピストン化し、前後ともにベンチレーテッド・ドリルド・ディスクを採用。フロントディスクはセラミック製で、エンジンの性能向上に合わせてチューニングされている。先代モデルよりも大型で安定しており、冷却性能も20%向上しているとのこと。キャリパーはグレーレッドブルーブラックの4色から選択できる。

一部の市場では、RS3にセミスリックタイヤを装着し、サーキットでのパフォーマンスを向上させることができる。

攻撃的で大胆なデザイン

RSモデルの伝統に則り、エアインテークの追加、専用のパフォーマンス・ホイール、大型エグゾースト、そしてアグレッシブスタイリングによってその存在をアピールしている。

特に新型では、RS3と通常のA3との差別化を図るために、フロントエンドに専用デザインを採用した。ブラックグリルサラウンド(マットまたはグロス)からヘッドライトとつながるように形作られており、ヘッドライトはインナーブラックのマトリクスLEDオプションで選択できる。サイドスカートミラー、リアディフューザー、そしてルーフ(オプション)もブラックで仕上げられている。

詳細画像はこちら
アウディRS3    アウディ

フロントホイールアーチの後ろには、ボディサイドに沿って空気を流す新しいアウトレットが設けられている。また、トレッド幅をフロントで33mm、リアで10mm拡大することで、ハンドリングの向上とワイドスタンスを実現した。

欧州仕様には2つの新色(キャラミグリーンとケモラグレイ)が用意されている。

室内も同様で、A3の基本レイアウトを踏襲しつつ、パフォーマンスアピールするためにさまざまなデザインが施されている。例えば、インストゥルメントパネルにはカーボンファイバーが使用され、スポーツシートにはブラックレッドグリーンのステッチが施されたナッパレザーがオプションで用意されている。

12.3インチデジタルディスプレイは標準装備で、RS専用のタコメーターやパワー使用量のグラフィックが表示される。メーターは「飛行機の滑走路をイメージ」した「RSランウェイデザインとなっている。

また、10.1インチのインフォテインメント・タッチスクリーンには、クーラント、エンジントランスミッションオイル温度、タイヤの空気圧などを表示する「RSモニター」が搭載されている。


【5気筒ターボのホットハッチ】新型アウディRS3 英国で発売 ダイナミクス大幅向上