映像配信サービスdTVでは「お盆に家族と観たい映画」に関するアンケート調査を実施。その結果、高畑勲監督の「火垂るの墓」(1988年)を筆頭に「となりのトトロ」(1988年)「天空の城ラピュタ」(1986年)などスタジオジブリの作品が最も多く、続いて「ドラえもんシリーズ、「クレヨンしんちゃんシリーズ、「サマーウォーズ」(2009年)など、世代を問わず親子そろって楽しめるアニメが支持を集めた。

【写真を見る】暑さを吹き飛ばす!カーアクションが魅力の「ワイルド・スピード ICE BREAK」

そのほか、ハリウッドヒットシリーズからは「ワイルド・スピード」(2001年)や「パイレーツ・オブ・カリビアン」(2003年)が挙げられた。

■お盆に家族と見たい映画のジャンルは?

また、「お盆の時期に家族と一緒に観たい映画のジャンル」の調査では、第1位は「アニメ作品」で256票。選んだ理由として「みんなで笑って楽しく観れる」(40代・女性)、「年齢に関係なく楽しめるから」(30代・男性)、「孫がいるので、孫の好きなアニメ」(60代・男性)など、子供が観たい映画を一緒に楽しみたいという声が目立った。

第2位は、200票を獲得した「家族がテーマの作品」。選んだ理由として「家族の大切さを家族間で共有することができるから」(30代・女性)、「ほっこりした気持ちになりたい。家族の大切さを感じたい」(40代・女性)、「家族について改めて考える良い機会」(50代・男性)など、お盆という時期ならではの回答が挙げられた。

第3位は、「ホラー作品」で127票を獲得。選んだ理由として「家族でハラハラして見終わったら皆で怖かったね!と団結出来るから」(40代・女性)、「みんなで涼しくなるため」(50代・男性)、「盆といえば、肝試しだから」(20代・男性)といった回答が多く、“みんなで観れば怖くない”という気持ちが表れているようだ。

その他の回答では、「暑いので何も考えずスカッとする映画を観たいから」などの理由でアクション作品や、「みんなで笑って楽しく観れる」などの理由で「コメディ作品」、そのほか「サスペンス作品」「恋愛作品」が挙げられた。

ちなみに「お盆の時期に家族と映画を観た経験があるか」という調査では、「ある」が284票、「ない」が271票と、ほぼ半々の結果となった。

アンケート調査方法>

調査期間:2021年7月28日8月9日

調査対象:dTV有料会員

調査方法:インターネットによるアンケート(※複数回答可)

「サマーウォーズ」などアニメ作品が人気/(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS