辞めたい…

辞めたい…

キャリコネニュース編集部には、読者から日々ブラック企業の経験談が寄せられている。今回は、部下を振り回す気分屋上司たちの横暴を紹介していく。

事務・管理の仕事をする20代女性は「直属の上司がTHEお局という感じでした。1日2回お茶くみ(毎回違うお茶)を強要する、毎回何かしらパシるなど自分から何もしないし、気分次第で怒るので大嫌いでした」と語る。

そんなときに頼りたいのが、他の上司たちだが「別の上司2人(バツイチと既婚者)も、プライベートでデートに誘ってきたのでものすごく気持ち悪」かったという。結局のところ「まともな人なんでほぼいないから相談なんてできないし、もう人間関係がしんどすぎてやめてしまいました」とのことだった。(文:林加奈)

「気分次第で指摘が変わる。毎度変わるので(資料の)修正が大変だった」

就業時間や残業代は本来、契約できちんと決まっているし、法律で規制もされているはず。なのに、それが上司の気分で決まっていたという経験談が複数寄せられている。

「残業は月100時間が当たり前。残業代は上司の気分で決まる」(40代男性/技術職)
「休みや就業時間が社長の気分次第で変わる」(40代男性/建築・土木技術職)

営業職の30代男性は「当時40代の先輩社員」について、「ちょっとした言い間違いや、自分が持ち出せない製品サンプルの持ち出し許可を私が得たからという理由で怒鳴る」と語った。資料を作っているときも「気分次第で指摘が変わる。毎度変わるので修正が大変でした」と振り返っていた。

気分次第で「髪型や態度をいきなり怒り出す」社長

サービス・販売職の40代女性は、勤務先の女社長に恵まれなかった経験を明かす。

「朝礼では、良い会社(他社)の記事などを集めて、いかに(自社の)社員がだらしないかを批判。営業職ではない人に営業を強要。『仕事がないのはあなたたちのせい、売上を伸ばせない人は給料泥棒』と𠮟責。その時の気分で目に付いた社員の髪形や態度をいきなり怒り出す」

この会社、辞めたいのに「まだ早い!」と辞めさせてもらえない人がいる一方で、「(社長が)自分の気分で嫌いな社員には退職勧奨」をするそうだ。ちなみに、「賞与も昇給も早朝手当も深夜手当も休日出勤手当も何もない」という。

アンケート概要
■実施期間
2019年12月19日
■回答数
748※8月4日時点

アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツールクエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/G42CZUHP
■質問項目
・体験した「ブラック企業エピソードを教えてください。

「残業代は上司の気分」「休みは社長の気分次第」 気分屋上司に振り回されるブラック企業社員たち