2021年春に発売20周年を迎えたニチレイの「本格炒め炒飯(R)」の発売20周年と2020年売上世界No.1を記念するイベントが8月11に都内で開催され、同商品の応援団長を務める鈴木亮平が登壇した。

【写真を見る】ワイシャツを腕まくりし、エプロン姿でフライパンでチャーハンを炒める鈴木亮平

シックなスーツに身を包んだ鈴木は、「こんにちは。ニチレイ『本格炒め炒飯(R)』応援団長の鈴木亮平と申します」と挨拶。また、2018年に同商品のCMに出演した際に作られた応援団長姿の自身の等身大パネルが登場すると、「懐かしいですね。俺、大きいな…」とニッコリ。また、司会者から、“やきやきブタブタゴロゴロ~”というCMの音頭が印象的だったと言われると、「ニチレイさんのコマーシャルの撮影はやっていて楽しくなるし、おいしいですし、エンジョイしてました」と当時を振り返った。

2001年の販売開始以降、毎年改良を重ね、国内冷凍炒飯の売上No.1を20年連続で達成してきたという同商品について鈴木は「20年間、1位で居続けられるのは本当にすごい。20年間、改良しながらファンを増やしているのは素晴らしいことだと思います。自分も進化し続けていきたいなと思います」と祝福した。

イベント後半、鈴木は自らフライパン調理をし、フライパンでもレンジでもおいしく仕上がる同商品の食べ比べをすることに。スーツジャケットを脱ぎ、真っ赤なエプロンを着用した鈴木は「エプロン姿で人様の前に出る機会が無いので照れますね」とはにかむ。

そして、自身で炒めた冷凍チャーハンレンジで温めた冷凍チャーハンを試食。試食する前は、「(冷凍チャーハンは)フライパンで調理した方が本格的な感じがします」と言っていた鈴木だったが、「電子レンジで作ると(フライパン調理と比べて)しっとりするのかなというイメージでしたが、パラパラですね。炒めるのも、レンジで温めるのも全く一緒で両方ともおいしい!」と絶賛。さらに、「20年間、1位になっても満足せずに、ずっと改良し続けているということが食べて分かりますね」と感心した。

■熱くなりすぎてゲームを敬遠!

イベント後半でのトークセッションでは、「ついつい熱くなってしまうこと」について、「熱くなりすぎて敬遠しようとしてるのはテレビゲームですね。親が厳しかったんであまりやらせてもらえなかったんですが、中学生の頃はゲームが楽しくて学校に行きたくないと思うほどゲームにハマってしまって。以来、こればまずいと思ってセーブしているんですが、何年に一回はゲームにハマってしまいますね。『スーパーマリオ2』とか難しいですよね…」と答えた。

また、「家でゴロゴロする時にしていること」については、「これ皆さん聞きたいですかね…」と言いながら、「僕だいたいゴロゴロしている時は、マッサージ器をふくらはぎに挟みながらYouTubeを見ています。エジプト考古学者の方がYouTube始められて、すごくおもしろいのでオススメです」とプライベートの一面を明かした。

司会者から「今ゴロゴロする時間はありますか?」と聞かれると、「なかなか無いですね…今は人の命を助けなければならないので」と、現在放送中の日曜劇場TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の撮影を振り返り、「昨日はガスマスクをかぶってましたね。(あごの下あたりを触りながら)このあたりが汗でプールみたいでした」と、猛暑の中での撮影エピソードを披露した。

最後に鈴木は、「僕も思い返してみると、芝居という物と出合ってから20年なんです。その間、自分なりに試行錯誤しながら、高めようと変化もありつつやってきたわけですが、同じ20年間を同じようにどんどん改良し続けて、そして世界一になったという本格炒め炒飯、すごいなと改めて思いました。これからも応援団長として応援していきますので、皆さん応援よろしくお願いします!」と力強く挨拶し、イベントは幕を閉じた。

「ニチレイ『本格炒め炒飯(R)』発売20周年記念 冷凍炒飯売上世界No.1ギネス世界記録認定PRイベント」より/写真提供=ニチレイ