株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ヒマシ油の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を8月10日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc999675-castor-oil-market-global-industry-trends-share.html


市場の概要
ひまし油市場は、2020年に740.5キロトンの規模に達しました。今後、ひまし油市場は、予測期間(2021年2026年)において安定した成長が見込まれています。

ヒマシ油は、アフリカアジアの熱帯地域に生息するヒマシを原料とした多目的植物油です。ヒマシ油は、淡い黄色で半透明のテクスチャーを持ち、マイルドな匂いを持つ有効成分です。ひまし油には、抗菌性、抗炎症性、保湿性があるため、肌や髪に安全であると考えられています。そのため、ひまし油は、便秘や肌荒れなどの一般的な症状を自然に治すものとして、消費者の間で人気があります。また、ひまし油は工業分野においても、様々な製品の加工に使用されています。

市場の推進要因及び制約要因
ヒマシ油は、様々な工業用途に最適なバイオベース原材料として不可欠なものになりつつあります。その結果、石油系化学物質の代替品として需要が高まっています。
ひまし油は、その独特の化学構造から、バイオディーゼル、ポリウレタン接着剤、加工油、冷凍用潤滑油など、さまざまな最終製品の製造に使用される主要な原料として機能しています。このようなひまし油の多用途性が、市場の成長を促進しています。
他の植物油と比較して、ひまし油はより健康的で安価な代替品です。そのため、食品グレードのヒマシ油は、香料、防カビ剤、食品添加物パッケージなどの形で、食品業界で勢いを増しています。
世界のひまし油市場は、ひまし豆の不安定な価格によって阻害されていますが、これは供給量が変動することによるものです。この供給量は、地域の気象条件と長いひまし豆の収穫プロセスに大きく依存しています。

主要な市場区分
世界のひまし油市場は、最終用途及び地域に基づいて分類されています。

最終用途別の市場構成
ヒマシ油市場は、主に医薬品、潤滑油、塗料、石鹸などの最終用途に基づいて分類されています。現在、ひまし油は抗炎症剤の形で製薬業界で広く使用されています。

地域別の市場区分
地域別では、中国がひまし油の最大の市場です。これは、同地域の化粧品、表面コーティング、医薬品業界が急速に成長していることに起因しています。以下、欧州、インド、米国、ブラジルと続きます。

市場の競合状況
世界のひまし油市場に参入している大手企業は以下の通りです。

Adani Wilmar
ジャヤント・アグロ
Gokul Overseas
Kandla Agro & Chemicals



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999675-castor-oil-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-01029:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-maildbm@gii.co.jp
URLhttps://www.gii.co.jp

株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディンカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービスhttps://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ