企業向け社員教育クラウドサービスAirCourse(エアコース)」を提供するKIYOラーニング株式会社東京都千代田区、代表取締役社長:綾部貴淑)は、AirCourseがSAML認証によるシングルサインオンに対応することを発表します。
従来のフォーム認証に加えて、本アップデートによりSAML認証によるシングルサインオンが可能となり、SAML認証対応している企業の各ユーザーシングルサインオンでAirCourseにログインすることができるようになります。
AirCourseとは : https://aircourse.com/

SAML認証によるシングルサインオン対応の背景>
近年、大企業を中心にさまざまなクラウドサービスの導入が進んでおり、その結果、ユーザーは「システムごとにユーザーIDやパスワードを管理しなければらない」という状況になっています。パスワードの使いまわしや簡易的なパスワードを設定するなど、セキュリティリスクが高い状況に陥るケースが多く発生していることから、これらを解決すべく、シングルサインオンを導入する企業が増えています。
AirCourseでは、ユーザー数の多い企業様より要望が多かった、SAML認証方式に対応することでユーザーの利便性が向上することはもちろん、企業の管理者もセキュリティ強化と管理工数の削減を実現できます。

シングルサインオンとは>
シングルサインオン(SSO:Single Sign On)とは、一度のユーザ認証処理によって、複数のシステムを利用可能にする仕組みです。シングルサインオンを利用すると、AirCourseとは別のシステムユーザー認証をすることで、AirCourseのサービスが利用可能になります。本アップデートによりAirCourseでは従来のフォーム認証だけでなく、SAML認証によるシングルサインオンにも対応できるようになりました。

SAML認証によるシングルサインオンとは>
SAML規格を使用したシングルサインオン方式です。IDプロバイダ(IdP)で認証を行うことで、AirCourseが利用可能になります。
AirCourseはSAML2.0に対応しており、SAML2.0に対応したIdPとシングルサインオン可能ですが、第一弾として動作確認済みのIdPは「Azure Active Directory」「OneLogin」「Okta」の3種類です。
その他のプロバイダについても今後、動作確認を行いサポート範囲を拡大していく予定です。

SAML認証によるシングルサインオンを導入するメリット
SAML認証によるシングルサインオンを導入するメリットは大きく3つあります。

1. ユーザーの利便性向上
社内で複数のクラウドサービスを導入している場合であっても、1回の認証操作でそれぞれのサービスにログイ
ンすることができます。それにより複数のユーザーIDやパスワードを管理したり、パスワードを失念して再発
行したりといった手間が削減できます。

2. セキュリティの強化
1人のユーザーが複数のサービスでそれぞれ異なるユーザーID/パスワードを持っている場合には、「パスワー
ドの使い回し」や「推測されやすい簡易的なパスワード設定」などセキュリティリスクがある状況に陥りやす
いです。
シングルサインオンを導入することで、安全性の高い強度なパスワードを1つだけ設定して管理できるようにな
るため、企業としてのセキュリティ強化につながります。

3. システム管理者の工数削減
SAML認証に対応しているクラウドサービスであれば、ユーザーを一括管理することが可能になります。
サービスごとにユーザー情報やパスワードを管理する必要がなくなり、システム管理者の工数を削減できま
す。


AirCourse上のSAML認証_設定画面イメージ
AirCourseは今後もお客様からのお声を反映し、セキュリティ面の強化や利便性向上を実現するために、様々な機能を開発・リリースしてまいります。また時勢に合わせた機能開発も行い、社員教育のプラットフォームとして、より多くの企業さまにAirCourseをご活用いただけるよう進めていきます。

ご興味をお持ちの人事・教育担当者様は、ぜひお声がけいただけますと幸いです。
今後もAirCourseを通じて、企業が抱える人材育成のお悩みを解決できるよう努めてまいります。
 ■社員教育クラウドサービス AirCourse
AirCourse」(https://aircourse.com)は、企業向け社員教育eラーニングサービスです。社員教育でニーズの高い動画eラーニングコース273コースが受け放題となっているほか、簡単に自社の研修動画、マニュアル動画などを共有・配信できます。

初期費用0円でローコストで運用でき、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応しています。eラーニングだけでなく、集合研修の管理や受講状況・成績レポートなどの管理機能が充実しているため、社員教育を効率化したい企業に最適です。


KIYOラーニング株式会社とは】
KIYOラーニング2008年10月より「学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す」というミッションのもと、すきま時間を活用し資格取得を目指せる音声講座として「通勤講座(現:スタディング) 」をスタートしました。
2010年に法人「KIYOラーニング株式会社」を設立し、スマホで効率的に学べる学習システムを開発、動画コンテンツを充実させ、資格ラインナップの拡充、品質の向上を図ってきました。さらに、2017年には、法人向け社員教育クラウドサービスAirCourse(エアコース)」も展開するなど社会人や企業教育を革新するプラットフォーマーとしてサービス展開を推進しています。

配信元企業:KIYOラーニング株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ