今月11日、イギリスのサセックス警察は銀行強盗を働いた男の判決が下されたことを公表した。男は銀行の窓口にて「金を渡せ」と書いたメモをスタッフに手渡したものの、受け取ったスタッフは男の字が汚すぎて意味が理解できず、男は何も盗らずに立ち去ったという。男はこの後にも2件の銀行強盗を働いたことを『LADbible』などが伝えている。

先月16日に裁判所「Lewes Crown Court」にて判決が言い渡されたのは、英イースト・サセックス州ヘイスティングス自治区セント・レオナルズ在住のアラン・スラタリー(Alan Slattery、67)だ。アランは2週間に3件の銀行強盗を働いた罪に問われていた。

最初の犯行は今年の3月18日午前10時45分、同州イーストボーンのターミナス通りにある銀行「Nationwide Building Society」で発生した。アランは窓口で「この仕切り程度では私が持っているものを止めることはできない。10ドル札と20ドル札を渡せ。他の客のことも考えろ」と書かれたメモをスタッフに手渡した。

ところがアランが書いた文字があまりにも汚かったため、受け取ったスタッフはメモの内容を理解できなかった。アランは自分の意図が伝わっていないと分かると、何も盗らず手ぶらで銀行を後にした。

のちに他のスタッフがこのメモを読み取ることができて銀行強盗と気付いたことから警察に通報し、警察は捜査のためメモと防犯カメラの映像を押収した。

2件目の犯行は3月26日午後2時50分頃、同銀行のセント・レオナルズ、ロンドン通りにある支店で発生。アランは1件目と同様に窓口でメモを渡すと、今度は銀行強盗であるという意図が伝わったようで、スタッフは身の危険を感じて2400ポンド(約36万円)の現金を渡した。アランはそれを受け取ると、何も言わずに去ったという。

この件で警察が周辺の防犯カメラを確認すると、強盗の直後にアランがバスに乗り込む姿を見つけた。バス会社に問い合わせて定期券の顔写真を確かめると、1件目の犯行で押収した防犯カメラの映像に映っていた人物と一致したため、アランであると特定できた。

その後、警察がアランの行方を追っていた4月1日午後1時20分頃、ヘイスティングス自治区ハブロック通りにある銀行「NatWest bank」から警察に通報が入った。同銀行のスタッフの話では、アランが現れてこれまでと同じようにメモをスタッフに手渡したという。

しかし受け取ったスタッフがメモの内容を理解しながらも対抗する姿勢を見せると、アランは何も盗らずに立ち去った。

警察はこの事件を受け、当時分かっていたアランの住所周辺を警戒していたところ、付近を歩くアランを発見したため1件の強盗、および2件の強盗未遂の疑いで逮捕した。自宅とみられている住所からはメモに使われた付箋のようなメモが数枚と、最後の犯行時に着ていたジャケットと同じものが見つかったという。

アランは3件全ての犯行を認めており、裁判では4年間の懲役と2年間の仮釈放、計6年間の判決が下された。

捜査官のジェイ・フェア氏(Jay Fair)は「これらの事件は、銀行員と一般市民の両方に恐怖や苦痛を与えました。捜査に協力してくださった被害者や目撃者の方に感謝いたします。今回の犯罪の重さがしっかりと反映された判決が出たことを嬉しく思います」とコメントしている。

画像は『Sussex Police 2021年8月11日付「Jail term for man who robbed one bank and tried to rob two others」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト