株式会社コムニス(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役:蔭山洋介)は、2021年8月14日に、誰でも簡単にスタジオ撮影を楽しむことのできるセルフカメラスタジオ@ITSUMO新宿をプレオープンします。プレオープン期間中は割引料金が適応され、予約数を絞って営業を行います。グランドオープンは2021年9月11日(土)を予定しています。
@ITSUMO新宿は、約30色の背景紙が利用できる本格セルフカメラスタジオ
セルフカメラスタジオ@ITSUMO新宿は、設定済みのカメラ・照明機材と共にスタジオを貸し出すサービスを提供します。利用者はシャッターを切るだけで、スタジオ撮影を行うことができます。@ITSUMOは2つのスタジオ、2つの更衣室を備えています。

韓国発のセルフカメラスタジオが白黒写真を主体としているのに対して、@ITSUMO新宿では色を楽しむ撮影が行えるのが特徴で、600色以上のカラーの組み合わせと、その他イスや小道具を自由に組み合わせて、自由に撮影を楽しむことができます。

30色の背景紙と、20色のカラーフィルターを組み合わせて撮影を楽しめる
また、撮影機材はプロが使用するものと同レベルのものを無料で利用でき、プリント写真機のような記念撮影目的以外にも、ビジネスポートレート、アーティスト撮影、こども写真、コスプレ、動画撮影など、非常に幅広いスタジオ撮影に対応することができます。
コスプレ写真もプライベートな空間なので使いやすい
カメラマンのいないセルフカメラスタジオは、近年韓国で全国的なブームとなり、日本にも、2020年11月に上陸しました。日本では、K-POPアイドルを通して日本に紹介され、この半年で全国に32店舗以上で開業されるなど、ブームになりつつあります。

ご利用方法・価格について
ITSUMO新宿の利用は、とても簡単です。1.予約・来店 2.背景紙選択 3.着替え・メイク 4.撮影 です。所要時間は、着替えメイクの時間を含めて1時間ほどで、撮影時間は30分です。
約30色の背景紙が利用できる
費用は、被写体人数で課金され、バストアップの撮影に向いているAスタジオが1人あたり2,998円、全身撮影や集合写真に向いているBスタジオが1人あたり5,998円です。(最低利用人数2人以上)また、すべての撮影データを追加費用なしで受け取ることができます。
撮影用小道具も充実。
この価格は、一般的な都内のフォトスタジオの撮影料金よりも大変利用しやすい価格になっています。これは、ポストコロナ社会においてより高品質な写真や動画を撮影するためのニーズが高まることを見据えて、プロフェッショナルではない一般ユーザーのクリエイティブ活動を支援することを想定しているためです。

セルフカメラスタジオブームの概略
朝鮮日報の記事(2021年4月17日)によると、カメラマンのいないセルフカメラスタジオ・フォトスタジオ・写真館は、2018年までソウルに10店舗に過ぎませんでしたが、2021年4月にはソウルだけで300以上の写真館が検索できるようになりました。インスタグラムでは関連スレッドが12万5000個にも上り、若い世代で大きなブームになっていることが伺えます。


日本では、2020年11月に韓国カルチャーの街として知られる東京都新宿区大久保に、セルフフォトスタジオが開業され、予約が取れない人気サービスとなりました。その後、セルフカメラスタジオは各地に開業され、現在ではネット上で確認できるだけで都内13店舗、その他の道府県で19店舗以上、合計で32店舗以上が営業しています。

また、ショッピングモールでポップアップショップが展開されており、日本ではK-POPアイドルNiziUが、ウェブサイトのトップに韓国のセルフフォトをイメージした写真を掲載するなど、日本の若い女性の間で人気が高まっています。

セルフカメラスタジオ@ITSUMO新宿の概要 公式SNS

配信元企業:株式会社コムニス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ