民主党政権で首相を務めた鳩山由紀夫氏が大炎上している。これまでもトンチンカン言動でたびたび炎上しているが、今回は東京五輪をめぐるイチャモンじみたツイートで火ダルマになっている。

 鳩山氏は18日午前、ツイッターにこう書きこんだ。

「このデザインは見覚えがありませんか。八角形の台の上に球体。これは友人の建築事務所の大木啓幹代表の作品でイタリアで受賞されたものです。これと比率などもそっくりなものが五輪の聖火台になっていました。盗作ではないかと疑われても仕方ないでしょう。嘘で塗り固めた五輪の象徴のようです」

 東京五輪の開会式で初披露された聖火台に盗作の疑いがあるとの指摘だが、八角形状の台座に球体を据えるデザインは建築物などでもよくみられるものだ。

「違いすぎるやろ」
いちいち足を引っ張りたくてしょうがないんだねえ」
「とにかく文句を言いたいだけの人なのでしょう。しかもオリンピック終わってから言うっていう」
「嘘で練り固めていたのはあなたが総理大臣になった時の民主党のマニフェストじゃなかたかな

・今すぐ読みたい→
韓国の東京五輪事件簿「白い粉」「妨害ライト」「握手拒否」・・・メダル数もライバル日本に惨敗 https://cocokara-next.com/topic/korea-tokyo-olympics-case-book/

 不可思議な言動で『宇宙人』とも呼ばれる鳩山氏は、ネット上でケチョンチョンだ。

 東京五輪をめぐっては国立競技場デザイン白紙撤回、エンブレム盗作、大会組織委員会会長だった森喜朗元首相の女性蔑視発言など不祥事が続発。開会式直前には「コーネリアス小山田圭吾が障害者イジメを自慢していた問題で開会式の楽曲担当を辞任し、開閉会式ディレクターだった小林賢太郎氏はホロコーストを揶揄していた過去のネタが問題視され、解任された。

 そしてコロナ禍での開催強行により新型コロナウイルスの感染拡大に拍車がかかっている。鳩山氏は問題だらけの五輪について改めて問題提起したかったのかもしれないが、さすがに無理があるようだ。

・今すぐ読みたい→
「コンドーム」カヌー、バット&サーフィン「真っ二つ」・・・東京五輪ハプニング集 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tokyo-olympics-happening-collection/

いつまで経っても『宇宙人』 鳩山元首相 五輪いちゃもんツイートで大炎上