城山博文堂は8月23日、「まる猫はんこ」の追加新デザインを発売した。デザインは、ノーマル、トラ猫、キジトラ、たれ耳、三毛、白黒、ハチワレ、クロの8種類。価格は、浸透印タイプシャチハタ製、9mm丸~)が1990円から、印鑑タイプ(本柘製など、12mm丸~)が3120円から。

画像付きの記事はこちら



 まる猫はんこは、猫特有の丸くなって寝る姿がそのままハンコの外枠になった印鑑で、「世界ねこの日」である8月8日に発売された。

 新デザインは、受注・製作の作業をしつつデザインを客観的に見た際に、デザイン内容を変えることでさらによいものになるのではないか、との考えから発売に至った。

 新デザインでは、丸い外枠の一部を切り離して、その両端に顔としっぽデザインを配置するのは前デザインと同様だが、前デザインでは頭が内向きであったところを、新デザインでは外向きにすることで、おなかで名前を抱えるようにするとともに、顎のラインに前足を入れることで、しっぽにじゃれついているようなデザインとしている。

 変更後も、デザインはごく控えめなので、名前を邪魔せず、さまざまな用途で使いやすい。また、新デザインの追加によって、デザインは計16種類となる。

 納期は、浸透印タイプが約10日~3週間、印鑑タイプが約2週間。受注はウェブサイト「おもしろMY印鑑」で受け付ける。

認印にも使える「まる猫はんこ」、かわいらしさアップの新デザイン8種類を追加