代替テキスト
(写真:アフロ

ソフトボール日本代表・後藤希友投手(20)が表敬訪問した際に、差し出された金メダルに噛みつき批判が殺到した名古屋市長の河村たかし氏(72)。

2度謝罪したものの批判の声は止まず、8月16日には「過去最大の処分」として自ら3カ月間分の給料計150万円を全額カットすると発表。だがそのいっぽうで、「引き続き市民の皆さんにご奉公させて頂きたい」と辞職は否定していた。

金メダルIOCが費用を負担することによって、新しいものと交換する“前代未聞の対応”が取られました。それでも河村市長は、『辞めるほどのことではない』と騒動を甘く見ていたといいます」(全国紙記者)

そんな河村氏だが、8月23日に市役所職員に向けて直筆の謝罪文を発表。「メ~テレ」では、市には20日までに約1万5,000件もの苦情が寄せられたと報じている。謝罪文は副市長や局長たちが集まる幹部会で配布され、各部署に持ち帰って周知されるという。

■まるで殴り書きのような謝罪文

苦情対応に追われた職員たちへの謝罪文だが、「河村氏から反省の気持ちが伝わってこない」と火に油を注ぐ事態となっているのだ。

メ~テレ」が掲載した河村氏の謝罪文には、「名古屋市職員の皆さまへ」と題して次のように綴られている。

「この度は、私がひきおこした金メダル事件により、皆様にお詫び申し上げます。数多くの電話メール手紙等よせられ業務にめいわくをかけております。すべて私が悪かったことでございます。つつしんでお詫び申しあげます。以上」

「河村市長の文章は『ひきおこした』『めいわく』など、一般的には漢字で表記される言葉が平仮名で書かれていました。文体も『殴り書きでは?』と思うほど乱雑です。しかも最後は『以上』と締め括られており、まるで顛末書のようにも感じます」(市役所関係者)

直筆で職員たちに謝罪するも河村氏に“誠意が感じられない”として、ネット上では「辞任すべき」と辛辣な声が相次いでいる。

《この人やる事なす事みんな炎上するからある意味すごいよね。市長辞めたら?》
《揚げ足取る人間にはなりたくないけれど流石にこれはひどくないか。一地域の市長ともあろう人間がノートに走り書きした謝罪文って……しかも迷惑とかひらがなだったり「ご」を無理やり書き直してたり……挙げ句の果てには「以上」で締めるとかあり得ないでしょ。火に油どころかガソリン撒いちゃってるよ……》
《会見も酷い内容だったけど、手紙はもっと酷い。職員を見下してるのがすごく良く伝わる。字も汚いし、走り書き、ノートの切れ端にでも書いたの? なんであれで気持ちが伝わると思ったの? 謝罪の気持ちなんか全くないからあんな汚い字で丁寧さのかけらもなく適当に書いたんだろ? 早く辞任して》