福島県・郡山市のグーグルマップ上に、調査した放射線量に応じて色をつけた「線量地図」

福島県グーグルマップ上に、調した放射線量に応じて色をつけた「線量地図

ニコニコニュース(オリジナル)

 ニコニコニュースに掲載された記事をもとに1カの出来事を振り返るニュース番組『号外!ニコニコニュース』。2011年8月6日放送の「8月号」では、報道プロダクションの「CWV」に密着取材し、福島県内の放射線マップ(線量地図)をつくる試みを特集。浪江町の山中で、測定器が毎時100マイクロシーベルト近い放射線量を示す映像などが流れ、これを見た出演者からは「ショック」「衝撃的」といったが上がった。

 放射線量は福島第一原発からの単純な距離だけでなく、向きやなどの影も受ける。そのため、原発に近くても較的放射線量が低いところがあったり、逆に少し離れた首都圏でも部分的に放射線量の高い「ホットスポット」があったりと、地域によってバラつきがあり、より細かなデータが必要とされている。

 「CWV」は最新鋭の放射線量測定器を積んだを、24時間交代制で走らせて福島県内の放射線量を測定。その情報グーグルマップ同期させることで、線量地図制作を進めている。線量地図では、走行した道路放射線量に応じた色をつけることで、その分布を視覚的に表わしていく。地図の縮尺を変えれば、かなり狭い範囲の情報も得られ、同じ市町村の中でも少しずつ線量が違っていることが分かる。

 CWVのスタッフは線量地図的を、

「詳しく調べて出すことで、除染の優先順位を決めたり、地域住人に近寄らないように注意を促したりといった、次につながる線量地図を作りたい」

っている。大まかなデータは調報道されているが、まだ詳細なデータはないといい、それだけに線量地図の意義は大きいと言えそうだ。

福島県・浪江町の山中で、側溝の土に放射性測定器を近づけると、毎時95マイクロシーベルトを記録した

福島県・浪江町の山中で、側溝の土に放射性測定器を近づけると、毎時95マイクロシーベルトを記録した

ニコニコニュース(オリジナル)

 またビデオの中には、から降りて放射線量を測定するシーンがいくつか含まれているのだが、その中で道路ん中と、路肩の土の部分に分けて測定するシーンがある。結果は、土の上で測った方がハッキリと線量が高く、地面に近づけるにつれて数値が上昇するというもの。理由は、道路だと放射線で流れてしまうのに対して、土や木はそのまま蓄積してしまうからだ。ジャーナリスト江川紹子さんは、「除染は本当に大変なこと」と述べる。

 例えば浪江町の山中では、文科省モニタリングしている道路ん中で18~19マイクロシーベルト(毎時)だったが、少し離れた路肩の木に近づけると3040と上昇。さらに地面に近づけると100に迫る勢いで、95マイクロシーベルト(毎時)を記録。このVTRを見たタレントの穂さんは、「ショックですよね。あんなに土やに放射性物質が大量に入っているのは想像できなかった」とった。

 番組の視聴者もこの特集には非常に関心を寄せ、コメントでも「グーグルストリートビューを撮るグーグルカー)に、今回使われているような高性の放射性測定器を搭載すればいい」といった趣旨の提案がなされていた。一方でジャーナリスト上杉隆さんは、「これは本当は政府がやらなきゃいけないこと。全部民間やらせて」と苦言を呈していた。

(野吟りん)

関連サイト
・[ニコニコ生放送] CWVの「放射線マップ」づくり密着取材から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv58814871?po=news&ref=news#59:30

福島県・郡山市のグーグルマップ上に、調査した放射線量に応じて色をつけた「線量地図」