SDGsピースコミュニケーションプロジェクトこども未来国連」のボードメンバーである、アーティストMIYAVIジャーナリストの堀潤氏、中山泰秀防衛副大臣兼内閣府副大臣、代表幹事の一木広治氏が8月26日、加藤勝信内閣官房長官を訪問した。
報道関係各位
2021年8月26日

2020年以降の日本の活性化を提言する活動BEYOND 2020 NEXT FORUM内閣府認証事業)から創出された「世界のこどもたちがつながり、みんなで考える未来の地球」をテーマとして2021年3月に立ち上がった第1回「こども未来国連」会議の継続開催及びSDGsテーマとする2025年大阪・関西万博での実施を目指してSDGsピースコミュニケーションプロジェクトこども未来国連」のボードメンバーである、アーティストMIYAVIジャーナリストの堀潤氏、中山泰秀防衛副大臣兼内閣府副大 臣、代表幹事の一木広治氏が8月26日、加藤勝信内閣官房長官を訪問し、活動に関しての継続支援を依頼しました。

SDGsピースコミュニケーションPROJECT
BEYOND 2020 NEXT FORUM の「次世代人材育成」テーマの中から、現在国内、国外で起こる様々な課題を「コミュニケーション」による平和的な解決を目指す「ピースコミュニケーションプロジェクトが創出された。そして、次世代「未来の世界のかたち」となるSDGsテーマを「ピースコミュニケーション」により、課題解決に取組み、こども達の意見を取り入れこども達が主役となる2030年に向けて産・官・学・言(メディア)が連携したアクション&オピニオンネットワークプロジェクトとして、2020年内閣府認証事業に外務省後援が加わり、活動がスタートしました。

こども未来国連
平和で豊かな世界について表現し、語り合う“ピースコミュニケーション”の場として、SDGsゴールである「2030年以降の世界はどうなって欲しいか、そのためにどうすればいいのか」を世界のこども達がつながり、みんなで未来の地球を考え、発信していく会議。


https://www.tokyoheadline.com/569171/

問合せ先
BEYONDO2020NEXT FORUM実行委員会
幹事会社
株式会社ヘッドライン 03-5770-7161
担当 秋田 大石
連絡先
makita@tokyoheadline.com oishi@tokyoheadline.com

配信元企業:株式会社ヘッドライン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ